情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第29期竜王戦七番勝負第3局 丸山九段、終盤熱戦を制す
第29期竜王戦七番勝負の第3局は、挑戦者の丸山忠久九段が147手で勝ち、対戦成績を2勝1敗としました。

本局は後手の渡辺明竜王が四間飛車を採用して相穴熊の戦型となりました。その後2日目の夕方まで駒がぶつからないスローペースの状態が続きましたが、終盤は一転して激しい寄せ合いの熱戦となりました。


勝敗を分けた局面として下図を掲げました。

竜王戦第3局109手目

後手の渡辺竜王が直前に△4九飛と打った手に対し、丸山九段がすかさず▲4五角と攻防手を放った局面です。以下△7八成香▲同銀△同龍▲同角と進み、最後は丸山九段が粘る渡辺竜王を振り切りました。▲4五角は本当にうまい手だなと思いました。


この対局で丸山九段がペースを掴んだように感じます。過去の竜王戦とはひと味違う戦いが続きそうですね。

第29期竜王戦七番勝負第2局 丸山九段勝って1勝1敗に
第29期竜王戦七番勝負の第2局は、後手番の丸山忠久九段が98手で渡辺明竜王を破り、対戦成績を1勝1敗としました。

戦型は丸山九段得意の一手損角換わりとなり、それを受けて立つ渡辺竜王との攻防戦が注目となりました。

先手の渡辺竜王が穴熊に潜ったところで丸山九段が仕掛け、以後渡辺竜王が積極的に攻めていきましたが、それを丸山九段が強く受けながら攻め合い、最後は見事な寄せで勝利しました。


本局は桂馬の活用が目立ちましたが、その中でも下図の局面の△7五桂に思わず「うまいな」と頷きました。

竜王戦第2局86手目

上図以降▲7六金に△8七歩の垂らしが決め手となり、丸山九段が快勝しました。


第1局で良いところがなかった丸山九段でしたが、本局で取り戻したことによりこの先の戦いに望みが生まれましたね。

第29期竜王戦七番勝負第1局 渡辺竜王の先勝でスタート
開幕直前に挑戦者が交代となった第29期竜王戦七番勝負の第1局が先日指し終わり、結果後手番の渡辺明竜王が挑戦者の丸山忠久九段に68手の短手数で先勝しました。

戦型は予想通り角換わりでした。渡辺竜王が仕掛けを誘う形になり、それに丸山九段が応えて開戦となりました。33手目に丸山九段が▲3二飛成と飛車切りを決断し、以降激しい戦いに突入しましたが、渡辺竜王が旨く受けこなしながら相手の急所を狙う攻めをみせて、最後勝利しました。


全体的にみて丸山九段に形勢が傾くことはなかったと思います。唯一残念だったのは感想戦で述べられていた41手目の▲6三成桂の局面で、棋譜コメントには代わりに▲6六銀以下の手順が載っていますが、それよりはここは▲6六角(変化1図)と打ち込んで勝負する方が良かったのではと・・・。

竜王戦第1局変化1図

変化1図から仮に△3三歩ならそこで▲6三成桂と指し、以下△同金▲3一銀△3二玉▲4二金△同飛▲同銀成△同玉に▲8二飛(変化2図)と一直線に指していければ、先手もやれていたでしょう。

竜王戦第1局変化2図

変化1図から△3三角でも同じような変化になりそうです。また、△1二玉と寄る手は▲6三成桂△同金に▲2二歩と打たれて、後手玉が窮屈な恰好にさせられて不利ですね。


いろいろあった竜王戦の開幕局でしたが、もう少し熱戦になるよう願っていたのですが、観る方としては残念でした。

次局以降の戦い方に期待したいです。
(淡泊な将棋だけは止めて欲しい)

第64期王座戦五番勝負 羽生王座、3-0で防衛
第64期王座戦五番勝負の第3局は、先手の羽生善治王座が挑戦者の糸谷哲郎八段を131手で破り、3連勝でタイトルを防衛して王座戦5連覇を果たしました。これで羽生王座は自身が持つ同一タイトル最多獲得記録を更新する通算24期目となりました。(もう、驚異的です)

戦型は急戦調の矢倉となり、ねじり合いの戦いになりました。それでも途中までは前例のある戦いでしたが、後手の糸谷八段が飛車を3筋に振った辺りから面白くなり、それこそ力勝負となりましたが、最後は経験に勝る羽生王座が相手をねじ伏せて勝利しました。

局後の感想戦によりますと、71手目の▲6四歩と突かれたところですでに後手が悪く、以後感想は載せられていませんでした。その▲6四歩の2手前、▲9六香(下図)の局面で本譜の△7三角に代えて△5五歩が勝負手だったとありますが、これには▲5三歩△同金▲5六歩という手順で、本譜同様後手が困ってしまいそうです。

王座戦第3局69手目

そこで、上図から平凡に△9四歩と当てるのは如何でしょうか。▲同歩は△9五歩ですので、やはり▲5三歩と叩かれ、以下△同金に▲5五歩△4三銀▲4五桂△5二金▲5八飛(変化1図)と中央を攻められそうですが・・・。

王座戦第3局変化1図

変化1図から一度△5七歩と叩いて、▲同飛△9五歩▲5四歩に△5五歩(変化2図)という手順でどうなんでしょう?

王座戦第3局変化2図

変化2図で後手優勢とは決して言えませんが、こういう変化なら本譜よりは戦えると思います。

まあ、他にも変化が考えられますので、いずれにせよ難しいところですね。


でも、正直なところまさかストレートで羽生王座が防衛するとは思いませんでした。もうちょっと糸谷八段が活躍し、注目を浴びるだろうと願っていましたが、・・・残念です。

第57期王位戦七番勝負 サプライズなし
第57期王位戦七番勝負の第7局は、先手番となった羽生善治王位が93手までで挑戦者の木村一基八段を下し、対戦成績を4勝3敗として、王位6連覇を果たしました。

戦型はこのシリーズ3度目の横歩取りとなり、互いに「中住まい」に構えての戦いが始まりました。

戦端を開いたのは、下図の局面から挑戦者の木村八段が端歩を突き捨てる手(△1六歩)でしたが、最終的にはこの効果が感じられなく、形勢も損ねて敗北となりました。

王位戦第7局33手目

上図から(棋譜コメントにも一部載っていますが)ここは△7五歩と指し、以下▲同歩△6五桂▲3三角成△同桂▲3七桂△2五歩▲2九飛に、ここで△1六歩▲同歩△1七歩(変化図)という指し手でどうだったでしょう。

王位戦第7局変化図

変化図から、▲6六歩には△1六香▲6五歩△1八歩成・・・、▲5五角には△7三角と合わせ▲同角成△同銀▲4六角△6二金▲2五桂に△4五桂という指し手で戦えると思います。


本局は注目していた王位戦最終局でしたが、サプライズ的なことは起こらず、羽生王位が危なげなく防衛しました。

観戦している方としてはちょっと寂しい気持ちでしたね。もっと激戦が観たかったです。

山県亮太、10秒03(日本歴代4位タイ)
陸上の全日本実業団対抗選手権最終日(9/25)に行われた男子100メートル決勝で、山県亮太選手が日本歴代4位(※)タイの記録に当たる10秒03(追い風0・5メートル)をマークし、優勝を飾りました。

今回の記録を無風に換算してみると 10秒05 となります。

これはかつて桐生祥秀選手がマークした最高タイム10秒01(追い風0・9メートル)の時と同程度ですので、これから先二人の対決が面白くなりそうです。

早く(無風状況の条件下で)10秒の記録を突破して貰いたいですね。


(※)日本歴代4位
   末續慎吾選手が2003年に10秒03(追い風1・8メートル)を記録

第64期王座戦五番勝負第2局 羽生王座、防衛に王手
第64期王座戦五番勝負の第2局は、後手の羽生善治王座が170手で挑戦者の糸谷哲郎八段を負かし、これで2連勝として早くも防衛に王手をかけました。

戦型は後手羽生王座の四間飛車になり、対して先手の糸谷八段は持久戦模様に。途中、後手の陣形が整う前に戦いが起こりました。

形勢はやや先手有利かと思われましたが、後手の羽生王座が駒損しながらも効果的なと金作りで先手陣に迫っていき、終盤は後手優勢となり、先手の追撃をかわして羽生王座が勝利しました。

この対局も、形勢良しだった糸谷八段が幾度とチャンスを逃してしまった感じです。


局後の感想がいろいろと述べられていますが、「おや、そうかな?」と思ったのがありましたので、下記に取り上げました。

119手目の▲5六歩に代えて▲6一金なら勝っていたとありますが、これを△同銀と取り、次▲4六馬には△6九金(変化1図)と打ち込まれてどうでしょう。

王座戦第2局変化1図

上図から、以下▲同銀△同と▲同飛△5八飛成▲6八金打△5四龍(変化2図)と進むと、後手の飛車が龍に換わり先手の攻めが大変そうに思われます。(もちろん変化2図から後手が勝ち進むのも大変ですが・・・)

王座戦第2局変化2図

他の感想コメントにも疑問に思えてしまったことがありました。たとえば67手目▲3三歩成に代えて▲2二歩のところ。以下△6四角に▲5五歩と突けるとありますが、その瞬間△2二飛と指されて、打ち込んだ歩が取られてしまいますよね。


ここまでちょっと糸谷八段に元気がなくなった感じを受けますが、次局で巻き返しを期待しつつ見守りたいと思います。

第57期王位戦七番勝負第6局 羽生王位、完勝
第57期王位戦七番勝負の第6局は、後手番の羽生善治王位が挑戦者の木村一基八段に114手で勝利し、これで対戦成績が3勝3敗のタイとなりました。

本局は3局連続で角換わり腰掛け銀の戦いとなりましたが、途中から羽生王位が右玉に構えてこれまでとは違った展開に進みました。

二日目に入り、羽生王位が午前中に長考して放った2七歩(下図)が鋭く、それ以降木村八段に読みのミスも手伝って、結果本局は羽生王位の完勝となりました。

王位戦第6局56手目

前局木村八段が激戦を制していたのでこの第6局を注目していたのですが、木村八段に良いところがなく、他に取り上げる局面もありませんでした。

本局に勝った羽生王位は流石の感がありますね。

次局はいよいよこのシリーズの最終局です。その行方に注目しましょう。

第64期王座戦五番勝負第1局 羽生王座先勝
第64期王座戦五番勝負の第1局は、95手までで先手の羽生善治王座が挑戦者の糸谷哲郎八段に勝ち、タイトル5連覇へ向けて好発進となりました。

戦型は後手の糸谷八段が得意とする一手損角換わりでした。対して羽生王座は棒銀で対抗する形で進みました。
その後糸谷八段の指し手でもって力戦模様となり、先手の羽生王座も勝負手を放って決戦に持ち込みました。

形勢はやや後手有利かと思われましたが、糸谷八段の焦りもあって、終盤は先手に形勢が傾き、そのまま羽生王座が寄せ合いを制して先勝しました。


対局後54手目の後手6五銀が「疑問手」とありましたが、私はそれより前、48手目の△5二銀に疑問を感じ、下記に取り上げました。

王座戦第1局47手目

△5二銀の一手前(上図)から、ここは△5五銀(変化1図)と打ち込んで攻めを選んだ方が良かったのではと・・・。

王座戦第1局変化1図

変化1図から▲6八飛と展開してきたら、以下△6六銀▲同金△4三金▲4二馬△同玉▲6一飛に△5九角(変化2図)で、本譜よりは後手が指せていたと思います。

王座戦第1局変化2図

△5五銀に対して▲7七銀と引いたならば、一度△4一飛とかわし、▲2六馬に△4六歩と飛車先を伸ばす手があります。


本局、ちょっと挑戦者の糸谷八段が読みを焦り、折角のチャンスを逃してしまった感が見受けられました。

次戦どんな戦い方になるのか分かりませんが、もっと競り合いになって欲しいですね。

第57期王位戦七番勝負第5局 木村八段、激戦を制す
長い間勝手に休んでしまって申し訳ありませんでした。特に体調の不良とかではなく、何故かブログに集中できなかった為です。エントリーする内容も色々あったのですが、今一つ乗り切れなく躊躇ってしまいました。

えーと、それでは久々に、将棋の話題から入ろうと思います。

先月終わりに行われていた第57期王位戦七番勝負の第5局は、非常に内容が面白く激戦となりました。観ていてどちらが勝つのか最後まで分からない状況だったですね。

2勝2敗のタイで迎えた本局、戦型は角換わり相腰掛け銀となり、二日目から形勢が入れ替わる激戦となりました。結果は挑戦者の木村一基八段が羽生善治王位を172手までで下し、対戦成績を3勝2敗として、初のタイトル獲得に王手をかけることになりました。

いろいろな局面を取り上げたいのですが、唯一羽生王位が勝利を逃したと思われるところを以下に記しました。

王位戦第5局124手目

上図は終盤124手目、後手の木村八段が△5八飛成とした局面です。本譜はこのあと羽生王位が▲6七角と応対しましたが、ここでは▲2五角(変化1図)と打った方が勝っていたと思います。

王位戦第5局変化1図

変化1図から、△7九金▲同玉△4九龍▲8八玉に△4六龍と角を抜かれますが、次の▲3四銀(変化2図)が詰めろとなり、

王位戦第5局変化2図

以下(変化2図から)△同金に▲同角△3三玉▲4五金と詰めろが続いて、ほぼ先手必勝です。


他にも先手勝利の局面があったと思いますが、そこを逃してしまった羽生王位の今後が注目されそうですね。

第74期名人戦七番勝負 新名人誕生
第74期名人戦七番勝負は、周知の通り第5局でもって挑戦者の佐藤天彦八段が羽生善治名人に勝利し、4勝1敗で初のタイトル獲得となりました。

まあ、こんな結果になるとは予想だにしませんでしたが、それにしても佐藤天彦八段の指しっぷりは見事でしたね。
只残念なのは、5局中4局が横歩取りの戦型だったので、観る方としては面白味に欠けたシリーズになったことです。


この最終局で気になったのが下図の投了の局面です。ここから▲3三桂や▲2三角など先手にも指し手がありそうですが・・・。

名人戦第5局投了図

まず▲2三角は△5二玉とかわされ、次に▲3六銀と歩を払っても△4八銀▲2八玉△3六飛で先手から有効な手段はなさそうです。

有力なのは▲3三桂のようですが、以下△同金!▲8五角△5二金▲4二銀△同玉▲3三歩成△同玉▲3五飛△3四桂に▲3六飛と歩を抜いても、△同飛(変化図)と応じられ先手の手がなくなります。

名人戦第5局変化図

他にも手があるかもしれませんが、いずれも後手玉を寄せきるのは難しそうです。

羽生さんも最後は観念したのでしょうね。
(観戦者としてはもっと熱戦を期待していたのですが・・・)


次期名人戦の挑戦者が誰になるか予想つきませんが、佐藤天彦新名人がどのように応じるのか楽しみです。

第74期名人戦 第4局 佐藤天彦八段、タイトルに王手
第74期名人戦七番勝負の第4局は、先手番で挑戦者の佐藤天彦八段が羽生善治名人に129手で勝って対戦成績を3勝1敗とし、初のタイトル獲得に王手を掛けました。

戦型は今シリーズ3度目の横歩取りになりました。但し、本局は後手の羽生名人が誘導した模様で、前局の雪辱戦とも言えそうでした。

封じ手辺りでは先手の佐藤八段が指しやすそうで、有利な形勢が続いていたと思えます。

長い中盤戦のあと、挑戦者の佐藤八段が角を捨て、さらに飛車も切って終盤は鮮やかな寄せを披露し、さすがの羽生名人も手の打ちようがなかったようです。

全般的にみて先後で玉型の差が出た一戦で、羽生名人の戦い方に疑問を持ってしまいました。


下図の▲8四歩で形勢が一気に先手に傾き、後手の粘りが利かない形になってしまいました。

名人戦第4局101手目


ここまで羽生名人が追い込まれるとは予想がつきませんでした。次局以降どのように巻き返すのか注目したいです。

第74期名人戦七番勝負第3局 挑戦者が2勝1敗でリード
1勝1敗で迎えた第74期名人戦七番勝負の第3局は、挑戦者の佐藤天彦八段が羽生善治名人に76手の短手数で勝利し、これで対戦成績を2勝1敗としました。

戦型は第1局と同じく佐藤八段が後手番で得意とする横歩取りになりました。

第1日目は長考が続きましたが、やや後手ペースとなったところで封じ手となり、二日目からは佐藤八段が攻勢に出て有利を築き、羽生名人の反撃に旨く対応しながら最後は押し切りました。

全体的にみて、羽生名人の形勢が良くなったところはなかったように思われました。


只一つ気になったところがありましたので、以下に取り上げました。

名人戦第3局36手目

上図は封じ手の▲5八玉に対して、後手が△2七歩と垂らして攻撃を仕掛けた局面です。本譜では羽生名人がこれを▲同銀と応じましたが、次に△2八歩からと金を作られて先手陣が崩れてしまいました。

代わりに、ここでは△2七歩にかまわず(本譜より先に)▲3三角成と角交換し、△同桂に▲6五角(変化1図)と応じた方がまだしも良かったように思います。

名人戦第3局変化1図

変化1図から、△5五飛▲5六角△3五銀▲同飛△同飛▲2三歩成△3一金▲3三と△2八歩成▲3四角(変化2図)という流れなら、先手も期待が持てたかもしれません。(まあ、他にも変化が考えられますので何とも言えませんが・・・)

名人戦第3局変化2図


この対局で挑戦者がリードしたことにより、このシリーズどうなるのか予想が難しくなりましたね。この先も好勝負を期待したいです。

第74期名人戦七番勝負第2局 最終盤に大逆転
第74期名人戦七番勝負の第2局は、挑戦者の佐藤天彦八段が159手で羽生善治名人に逆転勝ちし、1勝1敗のタイとしました。

戦型は先手佐藤八段の注文で相矢倉戦になりました。定跡の少ない指し手が続き、中盤までは両者五角の展開でしたが、徐々に羽生名人が優勢を築いていよいよ最終盤へ・・・。

そして下図の局面から、

名人戦第2局151手目

羽生名人は△5八歩成▲2四飛に△3四銀と受け、さらに▲4四金に△5四歩と立て続けに受けにまわり、結果この後大逆転となり敗れてしまいました。

△3四銀や△5四歩ではいずれも△8九銀と打ち込めば先手玉は詰んでいました。しかし、1分将棋ではこの詰みを発見するのはなかなか難しく、名人にとっても仕方ない展開だったかもしれません。

戻って、上図から一層のこと△6八馬と金を取り、▲同飛と取らせて△6七角成(詰めろ)▲同飛に△7八銀(変化図)と詰めろを掛けた方が分かり易かったかもしれません。

名人戦第2局変化図

変化図から▲8三龍と追われても後手玉は逃れきれると思います。


いやー、将棋って最後まで分からないものですね。これで、次局以降の戦いが面白くなってきましたよ。

第74期名人戦七番勝負第1局 羽生名人、接戦を制す
第74期名人戦七番勝負の第1局は、129手で先手の羽生善治名人が挑戦者の佐藤天彦八段を破り、先勝しました。

戦型は後手番の佐藤八段が最も得意とする横歩取りとなり、これに羽生名人が真っ向から受けて立ち、終盤戦の勝負どころで羽生名人が攻め合いに持ち込み、最後は粘る挑戦者を退けました。


形勢が揺れ動いたと思われる局面を下記に掲げます。

名人戦第1局89手目

上図から佐藤八段は思い切りよく△7七飛成と決断しましたが、この後の攻めをみますとちょっと無理だったかもしれません。

ここは△7四飛(変化1図)と引いておけばどうだったでしょうかね?

名人戦第1局変化1図

△7四飛に▲同飛なら、以下△同歩▲3一飛△2八と▲4七銀△2九飛▲5八銀△2七角(変化2図)と攻めていって、良い勝負でしょう。

名人戦第1局変化2図

しかし、△7四飛の瞬間▲3三角成という手もあり、以下△同金▲同飛成△7六桂▲同金△同飛▲7七歩△5六飛▲4七銀(変化3図)と、飛車の出を塞がれて後手は面白くないかもしれませんね。

名人戦第1局変化3図


本局は難しい将棋内容だったと思いますが、接戦を制するあたりが羽生名人の強さだと改めて思いました。

次局も佐藤八段の指し手に注目しながら、また良い勝負を観戦したいです。