情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第66期名人戦七番勝負 第2局
22・23日の両日に行われた第66期名人戦七番勝負の第2局は、後手森内俊之名人の一手損角換わりの戦型から難しい戦いになり、緊迫した対局が終始続きました。

どの手にもいろいろとコメントが付きそうな指し手だったと思いますが、私が一番感じた局面を取り上げてみます。
それは封じ手▲3四歩の後、△2二銀▲2四飛と進んだ下図の局面です。
名人戦第2局39手目

ここで本譜は森内名人が△6五歩と指しました。この手も強い手で、先手の玉頭に迫りながら攻めの展開を繰り出せば有力な手ではあります。

しかし、私は上図の局面からもっと鋭い手はなかったのか検討してみました。
折角8筋が素通しなのですから、ここで△8七歩と叩いてどうだろうかと。先手は▲同銀と取るしかないですが、そこで△8六歩とさらに叩きます。
以下、もし▲9八銀なら△8七角▲8八歩△9八角成▲同香に△8九銀と打ってどうでしょう? △8九銀は次に金を取るのではなく、△9八銀不成として攻めを続ける狙いです。しかし、後手も2三(※)に叩かれる手があるので難しいところではあります。
また、△8六歩の叩きに▲9六銀とかわしても△8七角と打ち込みます。以下▲8五歩△7八角成▲同玉に、一度△2三歩を入れて飛車を追い払ってから△9四歩と指します。

(※)ここで訂正があります。(2008/4/26)
▲9八銀以下の変化の内容で、最後2三に叩かれる手があるというのは間違いで、正確には8三に叩かれる手があるということです。ずうっと気付きませんでした。
コメントを下さった方、有り難う御座いました。

本局では、44手目△9四歩の後▲8七歩と蓋をされ、結果この手が先手玉を守れることになりました。

終盤は両者玉の守りが薄い形となって緊迫した局面が続きましたが、こういう戦いの中で、羽生善治二冠の攻めの上手さが光った印象を受けました。具体的には95手目▲5二歩~▲5三銀あたりで、形勢が一挙に逆転した感があります。


この対局に挑戦者の羽生二冠が勝って、1勝1敗のタイになりました。
(両対局者間では)先手の勝つ確率が非常に高いタイトル戦ですが、果たして第3局目以降どうなりますか、今後とも注目ですね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/04/26(土) 01:15:17 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/99-3ccf84cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック