情報の友
気になる情報を発信するブログです。
マイナビ女子オープン 五番勝負第1局
マイナビ女子オープンの五番勝負第1局が先日(4/3)行われました。場所はタイトル戦で良く出てくる「陣屋」(神奈川県)で、女流棋戦では初めてです。

振り駒の結果甲斐智美女流二段が先手となり四間飛車に、後手の矢内理絵子女流名人は対四間飛車戦に有効な米長玉を採用して戦いが開始されました。

序盤からもたついてしまった甲斐女流二段が中盤でも思ったような指し手がなく、形勢はぐっと矢内女流名人に傾きました。この辺り、タイトル戦初めての甲斐女流二段が緊張していたように思われます。

終盤はこのまま矢内女流名人の圧勝かと思われましたが、流石に甲斐女流二段も少しずつ差を詰めて、一時は逆転かと思わせる局面もあったようです。

下図に掲げたのは118手目、後手が△2六桂と銀を手にしながら詰めろを掛けてきた局面です。
マイナビ女子オープン第1局118手目

本譜は▲4九金と受けましたが、△3八銀から崩されて後手側の攻めが続く格好になりました。
もし、▲4九金に代えて▲2七銀だったらどうだったか検討してみましたが、やはり本譜の順で進めると先手玉が詰まされてしまいます。
図では既に後手が優勢で先手に勝ち目の薄い局面のようです。となると、その前に先手が勝つチャンスがあったかもしれません。

本局は甲斐女流二段の指し手が硬く、惜しい局面もありながら攻めきるまでには至らず、矢内女流名人の堅実な将棋が勝敗を分けたようです。

第2局以降は東京将棋会館でのタイトル戦となっていますので、いつもの甲斐女流二段に戻っていればこのシリーズ面白い対局になりそうです。
今後も二人の熱戦に期待しましょう。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/94-a9973b2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック