情報の友
気になる情報を発信するブログです。
棋王戦五番勝負 最終局に佐藤棋王が勝って防衛
今年度の最後を締めくくるタイトル戦、棋王戦第5局が昨日東京将棋会館で行われました。
第5局は改めて振り駒で先後を決めるのですが、その結果は先手が佐藤康光棋王に、後手が羽生善治二冠ということになりました。

最終局で選ばれた戦型は相矢倉に。(私は佐藤棋王が後手番なら角換わりを予想していましたが)
序盤坦々と進んで、45手目に先手佐藤棋王が▲9八香から最近定番となっている穴熊に組み替えました。
羽生二冠も48手目△3三桂と跳ねて、先手に穴熊を組ませた形での思い切った作戦にでました。

中盤いろいろと難しい局面が現れましたが、佐藤棋王の力強い指し手で後手玉を追い込んでいきました。

さて、下図に掲載したのは終盤83手目▲6五香に△同桂▲同歩とした局面です。
棋王戦第5局85手目

本譜はここからなんと△9七角成と決行。果たしてこれで攻めが続くのか・・・?
続けて▲同香△9三香打▲7三角と先手は挟撃態勢に。△9六歩と突っ込むも、以下▲8二角成△9七歩成▲同桂△同香不成▲同銀△同香成▲9一飛の王手成香取りで先手が優勢になりました。

図から△2四銀と馬を苛めることは考えられますが、以下▲同馬△同金▲6四歩△1四金に▲4四桂(参考図)と打たれて、次に▲7三角や▲2一銀又は▲5二銀があり後手が困りそうです。
棋王戦第5局参考図


本局は穴熊の利点を活かしきった佐藤棋王の勝ちとなり、3勝2敗で棋王位を防衛されました。
1勝2敗の角番から追い上げての防衛は見事ですね。連勝した第4局・第5局とも内容も素晴らしかったと思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/93-852dda2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック