情報の友
気になる情報を発信するブログです。
棋王戦五番勝負 第2局
棋王戦五番勝負の第2局が2月23日に金沢市で行われました。
戦型は後手番の羽生善治二冠がゴキゲン中飛車に、対して先手の佐藤康光棋王が角換わりを決行し、先日の王将戦第4局のような出だしでした。

中盤に差し掛かったところで一つの岐路になる局面がありました。
棋王戦第2局49手目

上図は後手が△6五歩と攻撃を開始した後、▲同歩△同桂に先手が▲5六歩と突いた局面です。
ここで当然△6六銀と出るものだと思っていましたが、本譜は△6四銀引でした。△6六銀と出ていたら違った展開になっていたでしょう。△6六銀▲同金△5七桂成以下、羽生二冠は何か嫌な筋でも考えていたのでしょうか?

下図は局面進んで78手目、後手が△6五歩と打ってきたところです。
棋王戦第2局78手目

私は△7八銀成▲同銀△6八金と普通の展開になるのかなと思っていたところで、△6五歩でした。
この後▲同桂△6四歩▲7三歩△6二金▲2六角と進み、先手の方に流れが来た感じを受けました。

その後お互い攻防戦が繰り広げられ、終盤は後手羽生二冠ペースでいよいよ詰みの手順が披露されるのではと思っていたのですが・・・。

下図の局面から次の手が事件となりました。
棋王戦第2局123手目

本譜はここで△8七銀と打ってきましたが、▲同金と取られて逆に後手玉に詰めろが掛かりました。後手は△9九龍と迫りましたが▲9八桂が上手い手で、その後先手玉に詰みがなくなりました。
△8七銀は痛恨の敗着手で、羽生二冠が何か錯覚していたのかもしれません。

図からは7六の地点に金か銀か角を埋めて詰めろを掛けるか、又は△6七角と打って詰めろを掛けていたら後手が勝っていたでしょう。
もう一つは△9五同歩と取る手もあります。▲同銀が詰めろ逃れの詰めろですが、以下△9九龍▲9八歩に△6九角で先手受けなしになります。

羽生二冠にしては珍しい見落としで、これが一手の指し手によって勝敗が決まってしまう将棋の怖いところでしょうか。それにしてもタイトル戦でね・・・。

本局は佐藤棋王の粘り勝ちで、名人戦第6局の郷田九段の粘りが頭に浮かびました。
これで1勝1敗のタイとなって、残る3局でタイトルの行方が決まることになります。
佐藤棋王としてはこの対局に勝ったものの、終盤は形勢が悪かった為あまり喜べないことでしょう。次の対局に勝ってタイトル防衛に先に王手を掛けることが出来れば、このシリーズも面白くなりそうです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/88-c445673a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック