情報の友
気になる情報を発信するブログです。
女流名人位戦五番勝負 第3局
女流名人位戦五番勝負の第3局が昨日東京将棋会館で行われました。
ここまで2連勝の矢内理絵子女流名人がこのまま勝って防衛を果たすのか、或いは挑戦者の斎田晴子女流四段が巻き返しを図るのか、興味がある一番でした。

戦型は先手番の斎田女流四段が得意の四間飛車に、受けて立つ矢内女流名人は自玉を1筋に置いて固める作戦に出ました。

中盤は駒の捌き合いとなってから終盤に突入しました。
後手の陣形が堅いだけに、先手がどういう攻めをするのか興味を持って見ていました。
図は、直前の▲3四桂に対して後手が△3一銀打とガチガチに固めた局面です。
女流名人位戦第3局96手目

本譜はこの後▲1五歩と端に手を付けましたが、これが後々響いて敗因の元になりました。
ここでは▲2四歩と銀の頭を叩いた方が良かったかもしれません。
以下△2四同銀▲同香△同角▲2五銀△3三角▲2二桂成△同銀▲2三歩△同銀▲3四歩△7七角成▲2四歩といった展開になっていたら、本譜よりは先手も戦えていたと思います。


この対局に勝った矢内女流名人は、文句の付けようもない3連勝でタイトル防衛に成功しました。
攻められながらも終盤にはきっちり勝利するあたり、力強さが増した感じを受けました。

2年前に清水市代女流からタイトルを奪い、昨年中井広恵女流六段をフルセットで破って初防衛し、そして今年斎田晴子女流四段に3連勝と素晴らしい内容でした。
女流3強を連続で負かしきる力は相当だと思います。
巷で言われている世代交代が現実となってきた女流将棋界の今後が楽しみですね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/86-a28e058b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック