情報の友
気になる情報を発信するブログです。
王将戦七番勝負 第2局のポイント
王将戦七番勝負の第2局が1月24・25日の二日間行われました。
その対局からポイントを拾い上げてみます。

戦型は大方の予想通り後手久保八段のゴキゲン中飛車に。対して先手の羽生王将はそれに対抗する戦いになりました。
序盤12手目△5六歩と突いてゴキゲン中飛車超急戦に発展した戦いを覗いてみましょう。

王将戦第2局25手目

上図はゴキゲン中飛車超急戦に出てきた初めての局面です。
従来は▲6六香が多かったのですが、羽生王将はなんと▲9六角と王手飛車に。
この局面では色々と迷うところです。考えられる手を検討してみましょう。

まず△7二玉とかわしたらどうだったでしょうか。
以下▲3一龍△同金▲6三銀△8二玉▲5二銀成△7二金▲6一成銀△8九馬に▲5二飛ぐらいで先手が良さそうです。

次に△5三玉とかわした場合は、▲6六香△7四桂▲6一香成△1一馬▲7一成香△9九馬▲8一成香△9四香▲4五桂△4二玉▲7四角△同歩▲3三銀△同馬▲同桂成△同玉に▲4五桂でやはり先手がいいです。
途中△9四香の代わり△4二玉と早逃げしても、▲6三金△5一飛▲5三桂△3二金に▲8二成香ぐらいで先手が良さそうです。

また、△7四桂と防いでも▲1三龍△5三玉▲6五香△7二金に▲7五歩と突かれて後手が苦しくなります。

本譜は△7四歩と指しましたが、この後の展開を見てもあまり有効な手ではなかったようです。

下図は、局面進んで中盤(と呼べるのかは疑問ですが)47手目に先手が▲6五歩と突いた局面です。
王将戦第2局47手目

本譜はここで△5三銀でしたが、△8六角と王手する手はなかったでしょうか?
これに▲6八金寄とすると、△7六銀不成▲7七歩△6五銀▲8七桂(△7五角を防ぐ)△7五歩▲6六歩に△7四銀として、本譜よりは後手が戦えていたかもしれません。
しかし、△8六角にひょいと▲4九玉とかわされると難しそうです。△6五歩にはすかさず▲6四歩と打たれて、角(馬)交換後▲4六角の王手で先手を取られます。


結果、本局は挑戦者の久保八段にとって不甲斐ない内容になってしまいました。
第3局以降どんな戦いに向かうのか、また久保八段に秘策はあるのか興味が尽きません。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
▲9六角以下
僕のブログへのコメント,ありがとうございました。

さて,土曜は私用があり,囲碁・将棋ジャーナルを途中までしか見られなかったのですが,この将棋を解説した島八段は,▲9六角の後,△5三玉▲6六香に△7二金を推奨されたようです。これは普通に▲5二角成で先手がいいと思っていたのですが,これもありそうでしょうか。
2008/01/27(日) 19:08:23 | URL | spinoza05 #-[ 編集]
なるほど
▲9六角△5三玉▲6六香に△7二金ですか。あるかもしれません。
以下▲5二角成(先に▲3一龍でも同じ)△同玉▲3一龍△同金▲6一銀△4二玉で、
1)▲5二飛なら△4一玉▲1二飛成△3二銀▲2四歩に△2一角で大丈夫。(▲2四歩の代わり▲7二銀不成△同銀▲6二香成は△2一金)
2)▲7二銀不成なら△2七桂▲4八銀△2八飛と反撃されそうです。

うーん、さすが島八段。なるほどです。
2008/01/28(月) 10:37:13 | URL | infosensor #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/82-a039266e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック