情報の友
気になる情報を発信するブログです。
女流最強戦(▲中井女流六段-△早水女流二段)
最近はネット将棋も公式戦として認められるようになりました。
大和証券杯のネット将棋・女流最強戦もその一つです。

その中から、1回戦最後の対局となった中井広恵女流六段対早水千紗女流二段戦を取り上げてみましょう。
戦型は後手番の早水女流二段からの一手損角換わり戦となり、中盤に入ったところで早くも後手が一本取った形になりました。

図は先手の中井女流六段の▲2三歩成に後手が△同金と取った局面です。
女流最強戦(中井六段-早水二段)46手目

ここから本譜は▲2五桂と跳ねましたが、折角2三に成り込んだのなら強く▲同飛成と指す手はあったと思います。
以下は△同玉に▲4一角と打ち、△2四玉なら▲2五歩△3五玉▲4七金で明らかに先手が優勢でした。途中△2四玉のところ△3二飛と守るのは、以下▲2四歩△同銀▲3一金△5一金▲3二角成△同飛▲同金△同玉となり、先手に飛車を二枚持たれて後手が不利です。

本譜の進行で、上図から▲2五桂に対して△2四銀▲7五歩となったのが下図の局面です。
女流最強戦(中井六段-早水二段)49手目

本譜はさらに△3七馬▲6八飛△6四馬▲2八角と進んで形勢が微妙になりました。馬を飛車先の筋に引き付けたのが問題で、この後逆に先手から反撃を食らうことになったのです。

△3七馬の代わりに単に△2五銀と桂馬を戴いておけば、後手が優勢のまま進んでいたでしょうね。

本局は大逆転の展開となり、先手の中井女流六段が見事後手玉を寄せて勝ちきりました。

持ち時間の短いネット将棋の為か両者とも緩手が多く、決して本来の実力が発揮された対局ではなかったように思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
 はじめまして。
 いつも「鋭いなあ」と拝見させていただいています。
 棋風が違うのか、気づかなかったことを書いていらっしゃるので、勉強になります。
 私もひねくれているので、猜疑心を持って検証しますが、反論できることはありませんでした。今回は、珍しく疑問点が生じましたので、質問させていただきます。

 「図から、▲同飛成と指し、以下△同玉に▲4一角と打ち、△2四玉なら▲2五歩△3五玉▲4七金で明らかに先手が優勢でした」
とのことですが、▲4七金に△2七馬とかわされると、難しいのではないでしょうか?
 5二の金の質駒はあってこわいのですが、後手の方針としては、飛車を打って1九の香を抜いて入玉です。
2008/01/26(土) 17:37:38 | URL | 英 #n4htYWhw[ 編集]
英さん、はじめまして。コメント有り難う御座います。
英さんは「せんすぶろぐ」に時々コメントを書かれている方ですかね。(間違っていたらごめんなさい)

△2七馬とかわす手ですか。
これにもし▲3二角成ですと、△6一飛▲2四歩△同銀▲2三馬の時にそこで飛車を打つんですね。なるほど、これだと入玉されそうです。
他には▲7五歩△同歩▲6五歩に△3九飛が有力ですかね。以下▲2四歩△同銀▲2八歩△3七馬▲同金△同飛成▲5二角成△同飛▲2七金△3九龍▲3七角の詰めろに、△3三銀で逃れているんでしょうか?

掘り下げて考えますと、▲2三同飛成は構想的に難しくなりそうです。

貴重な意見有り難う御座いました。
これからも疑問点や鋭い意見等ありましたらお願いします。
2008/01/26(土) 20:55:34 | URL | infosensor #-[ 編集]
 はい。せんすさんにはご迷惑をおかけしています。
 また、「将棋SNS」
http://www.liblog-sns.jp/shogi/
でも、好き勝手書かせていただいています。ゲストでも閲覧可能ですので、時間と精神に余裕顔ありでしたら、お訪ねください。

 本譜の進行を考えると、本譜の▲2五桂より飛車切りの方がいいように思いますが、飛車切りから△2七馬の局面は先手の駒が不足気味なので第一感は先手が辛そうです。

 ▲2四歩と突き出す手には△同玉と頑張る手、▲7五歩には△8五桂(▲8六銀なら△6六歩)、また、銀を取らせる間に早めに飛車で1九の香を取って△2六玉と逃げ込む手も有力そうです。
 とは言え、実践的のは後手が勝ち切るのは大変かもしれません。
2008/01/27(日) 13:22:21 | URL | 英 #n4htYWhw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/81-b65ee6b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック