情報の友
気になる情報を発信するブログです。
棋王戦挑戦者決定戦二番勝負第1局より
もう今年もあと僅かとなりました。
特にこれと言った情報がない為、引き続き将棋の話題を取り上げます。

先日行われた棋王戦挑戦者決定戦二番勝負の第1局、先手阿部隆八段対後手羽生善治二冠戦は、序盤から息つく暇もない戦型になり短手数で終わるんじゃないかと思われましたが、途中から持久戦傾向になり互いに押し合う戦いになりました。

図は、先手が▲4三歩と焦点に打った歩を後手が△同角と取り、▲4四歩の押さえに△3四角とかわした局面です。

棋王戦挑決戦第1局76手目

本譜はここから先手が▲2四歩と突きましたが、△5四歩に▲5六金と引く格好になって明らかに後手が優勢になりました。ここでの▲2四歩は甘かったように思います。

代わりに、攻め合いを目指すなら▲4三銀と打つ手はなかったでしょうか?
後手が馬狙いの△2五角と出れば、先手は▲同馬△同桂に▲3四角と打って出て攻めを目指します。
以下△7六歩▲6八銀△8一飛▲5二銀成△同金▲同角成と迫ってどうでしょう?

掲載した局面ではまだ先手が有望に戦えていたと思いましたので、この対局で阿部八段が負けてしまったのは本当に残念でした。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/77-8d2a27c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック