情報の友
気になる情報を発信するブログです。
B級1組順位戦(▲畠山七段-△渡辺竜王)
渡辺明竜王のブログより、取り上げられている局面を私なりに考えてみました。

B級1組順位戦(▲畠山七段-△渡辺竜王)64手目

上図は、先手が▲3五銀とぶつけたのに対して、後手が△7七歩と打ち込んだ局面です。
さて、先手はこの△7七歩をどの駒で取るのか一つの分かれ道になる局面でもあります。
本譜は▲同金上△同桂成▲同金△6九金と進み、明らかに後手が優勢になりました。
ここで、渡辺竜王は△7七歩に▲同桂は△9七桂成▲同香△9六歩となるので同金と取るのが形だと述べていますが、玉の守りの金をわざわざ手放す必要があるのでしょうか? これでは明らかに先手が劣勢に追い込まれていきます。
私は、△7七歩▲同桂に△9七桂成には▲7九玉と引いて、まだ悪いなりにも先手が戦えたと思います。

もう一つ取り上げられていたのが、下図の終盤の局面です。
B級1組順位戦(▲畠山七段-△渡辺竜王)94手目

本譜はここで▲3四歩と打ってでたので△6八銀成から崩されて先手が敗勢になりました。
ここは渡辺竜王が述べるように、▲5九角とうるさい銀を払った方が良かったようです。
この後後手が△9六歩と突いて先手が▲3四歩と打ち返した局面を、参考図(下図)の形で取り上げられています。
B級1組順位戦(▲畠山七段-△渡辺竜王)参考図

参考図から△2四銀と駒の補充を図った場合ですが、それには▲3七角でどうでしょうか?
以下ざっと手順を上げると、△同角成▲同桂△9七歩成▲同香△9六歩▲9三歩△同飛▲9八歩△9七歩成▲同歩となって、後手からの有効な手がなければ先手が勝ちになりそうです。(△9九角▲同玉△7八飛成の詰めろには、▲4四角以下の即詰みがあります)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/72-c8246863
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック