情報の友
気になる情報を発信するブログです。
NHK杯将棋トーナメント(▲野月七段-△増田五段)
最近、NHK杯の将棋トーナメントが面白いですね。
何しろ全国ネットでの将棋だから、迂闊な手は指せないでしょう。

さて、本日放送された対局は野月浩貴七段と増田裕司五段戦でした。
この対局、先手の野月七段はずっと居玉での戦いで増田五段を追いつめていましたが、終盤辺りにかけて逆に増田五段が盛り返して後手優勢となりました。

NHK杯(野月七段-増田五段)98手目

図は終盤の98手目、▲6八飛に対して後手が△5六銀と打ってきたところ。本譜はここで▲5八金と守りましたが、以下△同成桂▲同飛△6七金と進んで後手の増田五段が勝ちました。

図の局面から▲6三歩成と攻撃に出ていたらどうなっていたでしょうか?
以下△6八成桂▲同玉△6七金▲5九玉と進み、仮に△3八との詰めろには▲5三と△3二玉▲4三と△同金▲2四桂から後手玉が詰んでしまうんです。つまり、▲5九玉の局面で一手余裕を与えてしまうと後手玉が危ないわけです。
そこで、▲5九玉の時は△7九飛と先に王手をかけます。▲6九角合いには△6八歩、▲6九桂合いには△7八飛成と先手玉を追い込んで後手が大丈夫なようです。
このように、▲6三歩成だったら綾があって面白かったかもしれません。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/57-038f8590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック