FC2ブログ
情報の友
気になる情報を発信するブログです。
アジア大会 男子100メートル
ジャカルタで行われているアジア大会で、陸上の男子100メートル決勝が26日にあり、山県亮太選手が10秒00(追い風0.8メートル)の自己記録に並ぶタイムを出し、結果は3位でした。2位との記録差は僅か1000分の2秒ということで、その熾烈さを感じさせられましたね。

尚、アジア記録(9秒91)を持っている中国の蘇炳添が、9秒92の大会新記録をマークして優勝しました。流石です。


これらの記録を無風状況に換算してみました。

 蘇炳添選手の記録    9秒92
 無風に換算した記録   9秒96

 山形選手の記録      9秒997
 無風に換算した記録  10秒039

(上記はいずれもここのサイトを参考にしています)

山形選手の記録は参考のため1000分の1秒単位まで表示しています。(100分の1秒だと10秒04です)


やっぱり中国の選手は噂通り強かったですね。他の選手よりも一歩前を進んでいました。特に後半の走りは世界のトップクラスと遜色ないように見えました。

山形選手はスタートしてから前半までにトップスピードに乗っていて、そこから後半の加速が伸びていないように思えます。

この悔しさを次につなげて貰いたいですね。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/456-85fbb593
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック