情報の友
気になる情報を発信するブログです。
サムライブルー 勝負強さが足りない
サッカーのワールドカップ・ロシア大会、日本チームは勝負強さに欠けていたというのが私の感想です。

勝ったのはコロンビア戦だけで、それも相手チームが一人欠けた状況での戦いでした。本来なら2-1どころか4-1ぐらいで勝っても可笑しくないところ、相手チームに助けられての勝利。正直日本チームの実力はこの程度かといった有様で、先が早くも暗い状況に思えました。

頑張ったのはセネガル戦ぐらいなもので、引き分けに持ち込むのがやっとといった戦力状況。ポーランド戦では昔のように点が取れない情けないチーム状態でした。

辛くも決勝トーナメントに出場できたものの、強敵ベルギーに対しては最後で勝負強さに違いが表れてしまいました。2-2になったところで、すでに日本チームの勝ちはなくなったと感じました。もうそのときの勝負にこだわる勢いが違いましたね。あとはご覧の通り。


そもそも、やはりメンバーを発表した段階で勝てないチームを作ってしまったと感じます。1勝1分2敗の成績がすべてを物語っています。結局、サプライズは有りませんでした。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/453-9bf39e18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック