情報の友
気になる情報を発信するブログです。
中国選手 次々に記録更新 陸上100m
スペイン・マドリードで22日に行われた陸上の国際大会で、中国の蘇炳添が追い風0・2メートルの条件下で、9秒91をマークして優勝したとのこと。この記録は、ナイジェリア出身のフェミセウン・オグノデ(カタール)の持つアジア記録とタイです。

それにしても凄いですね。連日のように中国勢が記録を更新しています。


早速この記録を例によって無風状況にて換算してみますと、以下のようになります。
(今回は標高によるアドバンテージも考慮しています)

 蘇炳添選手の記録    9秒91 (追い風0・2メートル)
 無風に換算した記録   9秒94

マドリードは標高が高いことによるアドバンテージもありますので記録が出やすいとも言えますが、この度の蘇炳添が東洋人として実質初めて10秒の壁を破った選手として明らかになりました。


なお、無風状況で換算した記録はフェミセウン・オグノデが2016年に出した時の記録換算と同じになります。


日本の選手も9秒94を目指して頑張って貰いたいですね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/450-09bb5990
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック