情報の友
気になる情報を発信するブログです。
山県亮太、実質日本一の記録
大阪市のヤンマースタジアム長居で24日に行われた全日本実業団対抗選手権の男子100メートル決勝で、山県亮太選手が追い風0・2メートルの中、日本歴代2位の10秒00をマークして優勝しました。

9日に桐生祥秀選手が9秒98をマークして、この記録が現在日本歴代1位になっていますが、実質的には今回の山形選手の方が上です。

何故かといいますと、追い風の違いがあるからです。例によって二人の記録を無風状況で換算してみますと以下のようになります。

 山形選手の記録     10秒00 (追い風0・2メートル)
 無風に換算した記録   10秒01

 桐生選手の記録      9秒98 (追い風1・8メートル)
 無風に換算した記録   10秒07


いずれにしても、追い風によるアドバンテージは大きく影響しますので、記録だけで単純比較は出来ません。同一条件という状況下でないと真の強さは示されないでしょう。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/436-1d5a3d9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック