情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第41期棋王戦五番勝負第2局 佐藤天彦八段勝ってタイに
第41期棋王戦五番勝負の第2局は、66手の短手数で後手の佐藤天彦八段が渡辺明棋王に勝ち、対戦成績を1勝1敗の五分にしました。

戦型は横歩取りとなり、途中後手の佐藤八段が角交換後すぐに△5五角と放ち、そこから抜き差しならない局面が続きました。お互いの研究成果が試される一番となって、観ている方はさぞ面白かったと思います。

最終盤に佐藤八段が決め手を指して勝利しましたが、負けた先手の渡辺棋王にとって、一手の緩みが形勢を左右させた感じがしました。

下図の局面から次に指されたのは▲5五桂(△6四歩なら▲6三桂成~▲4五角の王手龍取りの罠)でしたが、この瞬間△6九金と打たれて先手玉は追い込まれてしまいました。

棋王戦第2局48手目

上図から▲5五桂に代えて▲8三角(詰めろ)と打ち、以下棋譜コメントにも書かれていますが△6四歩▲6一角成△同玉▲7二金△5二玉▲7一龍(変化1図)と追っていった方が良かったように思います。

棋王戦第2局変化1図

変化1図から後手も△6九金と攻めてきた場合を検討してみますと、以下▲4八玉△6八龍▲5八歩△5九角▲3九玉△4八銀に▲2八玉(変化2図)となって、やや先手に分がありそうに思えます。

棋王戦第2局変化2図


手数は短かったのですが、この第2局は名局と言える内容だったと言えるでしょう。

これで1勝1敗のタイになりました。次局以降も白熱した対戦を期待したいですね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/393-b835f8c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック