情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第28期竜王戦七番勝負第4局 糸谷竜王、早くもカド番に
第28期竜王戦七番勝負の第4局は、後手の挑戦者・渡辺明棋王が98手で糸谷哲郎竜王を破り、対戦成績を3勝1敗としてタイトル奪回に王手をかけました。

本局は先手の糸谷竜王が力戦調の中飛車を指し、序盤から積極的に攻勢に出ましたが、相手の渡辺棋王に上手く受けられ、その後の攻めにも的確に対応されて、最後は大差で負けてしまいました。

まあ、タイトル戦にしてはあまりにもひどい内容の将棋で、中盤以降は観戦するに堪えない一局となってしまいました。


ポイントとして挙げる局面はほとんどないのですが、ひとつ腑に落ちないのが下図の次の一手です。

竜王戦第4局28手目

本譜は▲4五銀と引きましたが、折角出て行った銀をここで退避させる手に疑問を持ちました。5三に歩も打たれていないのに自ら引く手は損な感じです。ここは▲3八玉(変化図)と寄せて相手の出方を待つ方が良かったと思います。

竜王戦第4局変化図

変化図から△5三歩なら思い切って▲3三角成として、次に▲7一銀の割り打ちを狙います。
また△4四歩にも▲5五角と出て、角銀交換のあとやはり▲7一銀の割り打ちが生じます。
さらに△4四銀なら▲4六歩と指して、相手の指し方次第で先手玉を固める方向に持っていけると思います。


本局は明らかに先手の作戦負けで、勝負所のない対戦となりました。

次局以降は、糸谷竜王がもっと気持ちを引き締めて巻き返しを狙えるような将棋をみせて貰いたいですね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/388-41352b4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック