情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第63期王座戦五番勝負 最終局、羽生王座防衛
2勝2敗で最終局を迎えた第63期王座戦五番勝負の第5局は、先手番となった羽生善治王座が挑戦者の佐藤天彦八段を85手までで破り、対戦成績を3勝2敗として王座戦4連覇を果たしました。

戦型はこの番勝負3度目の横歩取りとなり、後手の佐藤八段が積極的な攻めをみせていましたが、中終盤辺りから先手の羽生王座が盛り返し、結局先手玉は安泰のまま佐藤八段の投了となりました。

最終局となったこの対局、期待していた以上の将棋内容とは言えず、最後は観ていた方も力が抜けた感じでしたね。


局後取り上げられていた指し手のなかで、一番関心を引いたのが58手目の△2六香でしょう。ここから攻守が入れ替わり、後手の佐藤八段は防戦一方となってしまいました。感想戦では△2六香の代わり△2六角や△3六歩が示されていましたが、ここは△9六香(変化1図)と走って挟撃態勢をとっていたら、後手が断然有望ではなかったでしょうか。

王座戦第5局変化1図

上図から▲4六飛なら△4四香で対応できますので、▲1四飛と銀取りに走りそうですが、以下△同歩▲2三歩成△3六歩▲2二と△3七歩成▲同銀△4五桂打▲4六銀△3六香(変化2図)という手順で後手の攻めが続きそうです。

王座戦第5局変化2図

変化2図から先手も▲5五桂と攻めてきますが、(盤面で)後手玉の左辺が広いため捕まえるのは大変でしょう。後手は龍の利きを8筋からそらさなければ、右辺から先手玉を追い込めそうです。


たった一手の指し手でもって形勢が変わるのですから、将棋というゲームは怖いですね。

前評判が良かった佐藤天彦八段でしたが、最後は羽生王座の勝負術にやられてしまった感じです。あとは名人戦で挑戦者になれるかどうか分かりませんが、再びタイトル戦に登場して欲しいと思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/385-0ce2a47d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック