情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第28期竜王戦七番勝負第1局 糸谷竜王、激戦を制す
糸谷哲郎竜王に渡辺明棋王が挑戦する、第28期竜王戦七番勝負の第1局が行われ、終盤激戦の末後手の糸谷竜王が142手で先勝しました。

戦型は糸谷竜王の公式戦初となる後手番での横歩取りでしたが、中盤に差し掛かり渡辺棋王が攻勢に出て有利の展開になりました。
しかし、2日目に入り糸谷竜王が反発し、互いに駒を取り合って終盤は激戦となりました。最後は糸谷竜王が2枚の馬を駆使して寄せきり大熱戦を制しました。

開幕局に相応しい非常に見応えのある将棋内容で、終盤は形勢が揺れ動いていたようです。


先手の渡辺棋王が形勢を損ねたと思えるのが、下図に示す局面での次の手でした。

竜王戦第1局92手目

渡辺棋王も対応に悩んでいた様子ですが、普通に指すなら▲8六銀だったでしょうか。(本譜は▲6七金と指したため、のちに角が3五~4六と出てきて怪しくなりました)

私は単純に8三の地点を狙う意味で▲7五桂もあったと思います。以下△7七桂成▲同桂で変化1図となります。

竜王戦第1局変化1図

変化1図から△6八銀と打ってきたら、▲6九金△同銀不成▲6一龍で明らかに先手優勢となります。

逆に△7四銀と守ってきたら、▲8三桂成△同銀引▲8六香△7四歩(▲7五桂を警戒)▲8三香成△同玉に▲6五銀(変化2図)でどうでしょう。

竜王戦第1局変化2図

変化2図から眠っている飛車も活用できそうです。

戻って変化1図から△5六角成としても、やはり▲8三桂成以下香車と桂馬で後手玉に迫っていけそうです。


第1局を失った渡辺棋王ですが、次局どんな作戦と対策を練ってくるのか楽しみです。
このタイトル戦、戦型を含めて糸谷竜王の指し手も注目となりそうですね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/384-c43bb343
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック