情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第56期王位戦七番勝負 羽生王位、防衛にて5連覇を達成
第56期王位戦七番勝負の第5局は、ここまで3勝1敗の羽生善治王位が終盤逆転で広瀬章人八段を破って防衛に成功し、5連覇を達成しました。

戦型は今シリーズ2度目の角換わり腰掛け銀になりました。

二日目の封じ手から局面が面白くなり、終盤は先手の広瀬八段が一時リードしていた模様でしたが、後手の羽生王位も巧みな戦術で交戦し最後は押し切って勝利しました。


終盤の形勢が入れ替わったと思われる局面を下記に取り上げました。

王位戦第5局98手目

上図は、一手前に先手の広瀬八段が後手玉の上部脱出を防ぐ目的で▲3六銀と打ったところ、後手の羽生王位が△2五金と打ち返した局面です。

本譜はこのあと銀を支えるため▲3七金と打ちましたが、この手がちょっと疑問でこんなところに金駒を2枚も投入するのはもったいないし、あとあとに響く感じを受けました。

ここは素直に▲同銀と応じ、△同龍に▲2三歩(変化図)と玉頭を叩く手でどうだったでしょうか。

王位戦第5局変化図

変化図から△同龍なら▲3五金と押さえます。また△同桂なら▲2六歩(△同龍に▲3四歩)でどうでしょう。

もう一つ残念に思ったのは、どこかで▲7四角成と指せなかったのかということです。


終わってみれば羽生王位の貫禄勝ちでしたね。広瀬八段の切れ味を期待していたのですが、この番勝負では残念ながら空振りに終わってしまったという感じでした。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/379-50e031ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック