情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第56期王位戦七番勝負第2局 羽生王位2連勝
羽生善治王位に広瀬章人八段が挑戦している第56期王位戦七番勝負の第2局は、117手までで先手番の羽生王位が勝ち、対戦成績を2勝0敗としました。羽生王位はこの勝利で公式戦の通算勝数が1320勝となり、加藤一二三九段と並んで歴代2位に名を連ねました。

戦型は角換わり腰掛け銀となり、先手の羽生王位の攻めに対して、後手の広瀬八段が穴熊に構え受けに回るという構図になりました。

二日目の封じ手以降両者による激しい展開が繰り広げられましたが、羽生王位の猛攻が優り相手の反撃をかわしながら最後は寄せきりました。

一局を通じて形勢の入れ替わりはあまりなく、終始先手の羽生王位の方がリードしていた感じでした。


私は挑戦者の広瀬八段に柔軟な指し手を求めていましたが、そういった展開にはならず残念に思いました。その残念に思われた局面を下記に取り上げました。

王位戦第2局55手目

上図は後手が△1一玉と穴熊に潜ったあと先手が▲4五桂と跳ねた局面です。
この▲4五桂に対して後手の広瀬八段は△2二銀と引きましたが、ここは△4四銀と上がり▲4六歩に△2二玉(変化図)と戻り、相手の出方を窺う方策はなかったでしょうか?

王位戦第2局変化図

変化図から▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2九飛と進んだら、その後(4一の角打を防ぐ為)△4二金と引いて将来の戦いに備える手もあったと思います。

まあ、しかしこれらは結果論と捉えられる手順かもしれませんね。


ここまで広瀬八段の2連敗と挑戦者にとっては痛い対戦成績ですが、この後の巻き返しを期待して次局を待ち望みたいと思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/375-6552466c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック