情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第56期王位戦七番勝負 挑戦者決定戦
第56期王位戦七番勝負の挑戦者決定戦が昨日(6/8)行われ、結果144手で後手番の広瀬章人八段が菅井竜也六段に勝利し、羽生善治王位への挑戦権を得ることになりました。

戦型は先手菅井六段の向かい飛車に対し後手の広瀬八段は居飛車で対抗。すぐに角交換後その角を打ち合って両者とも馬を作って序盤から乱戦になりました。

中盤は菅井六段がやや有利な形勢で手を進め、そのまま終盤まで突き進むのかなと思われていましたが、下図の局面で形勢が入れ替わり、広瀬八段が逆転勝利を収めました。

王位戦挑決戦116手目

上図から本譜は▲3九玉と下の方に逃げましたが、ここは▲3七玉と上の方に逃げた方が良かったのではないかと思いました。

王位戦挑決戦変化1図

棋譜コメントには次△4九龍(変化1図)で詰めろ(△4七金以下)になるとありますが、そこで▲3一金と王手で打ち込み、以下△2二玉▲2一金△1三玉▲2五桂△2四玉に▲4六金(変化2図)と追い込めば、先手が優勢に戦えたと思います。

王位戦挑決戦変化2図

変化2図から△4五桂には▲同金△同龍▲3三桂成△4六金に▲4八玉といった感じで先手玉は広くなり、後手が詰ますには駒が足りなく難しくなります。


終盤もうちょっと時間をかけて読んでいれば上に述べた手は浮かびそうなもので、菅井六段にとっては欲しいチャンスを逃したと言わざるを得ません。

さすがに追い詰められていた広瀬八段も苦しい状況だったと思いますが、最後に勝ちを結びつけるだけの力を持っているんだなと感心した一局でした。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/369-f51f8602
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック