情報の友
気になる情報を発信するブログです。
男子100m 黄色人種初、10秒の壁突破
先月の30日に米オレゴン州ユージンで行われた陸上のダイヤモンドリーグ第3戦プレフォンテーン・クラシックで、男子100メートルに出場した中国の蘇炳添(スー・ビンティエン、25歳)が9秒99をマークし、黄色人種では初めて10秒の壁を破りました。

この報道には日本も少なからず衝撃が走ったようですね。

彼は体格も決して大きくなく日本人と同じくらいですが、後半までスピードを維持できた点が良かったのでしょう。
条件として追い風が1・5メートルあり、タイソン・ゲイら強豪と走れたことも良い結果に繋がったと思います。

では、彼の記録が一体どれくらいなのか、例によって追い風と標高の条件を考慮しこのサイトで調べてみました。

 無風に換算した記録 → 10秒07

日本人の桐生祥秀君の最高タイム10秒01(追い風0・9メートル)の時は

 無風に換算した記録 → 10秒05

になるので、今回の蘇炳添の記録は桐生君よりわずか0秒02遅いことが分かります。
つまりは二人ともいいライバルなのですよ。


追い風や標高によって記録が左右されることは前々からこのブログで何度も述べてきました。
このような百分の1秒を競うスポーツならば、どこかで補正をかけてその記録を公認として発表して欲しい、というのが私の希望です。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/368-0d23e066
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック