情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第86期棋聖戦五番勝負第1局 羽生棋聖が先勝
羽生善治棋聖に豊島将之七段が挑戦する第86期棋聖戦五番勝負の第1局が先日(6/2)行われ、結果後手の羽生棋聖が114手で先勝しました。

戦型は相矢倉でお互い玉頭から攻め合いとなり、僅差の形勢ながら終盤まで縺れましたが、最後に羽生棋聖が決定打を放って勝利しました。


下図は最終の投了局面です。

棋聖戦第1局投了図

投了前に指された▲6二桂成で後手玉に詰めろが掛かりましたが、後手の羽生棋聖が次に指した△7六香で先手の豊島七段が投了となりました。
投了以下の詰み手順は棋譜コメントに載っていますので、そちらの方を参考にしてください。

後手に持ち駒が豊富にあるので先手玉は詰みそうですが、しかし変化がいろいろあり手順も長いため前もって読んでいないと難しそうです。

詰み手順を検討して分かったのですが、△7六香の他に△7七歩でも詰んでいるみたいですね。


それにしても挑戦者の豊島七段、後一歩まで追い詰めたのに勝てなかったのはさぞ悔しいことでしょう。どこかで寄せ方を間違えたのでしょうか?

僅かな差の形勢ながら最後に勝ってしまう羽生さんは、やはり強いと言わざるを得ません。

次局での豊島七段の巻き返しを期待したいと思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/367-23ff43c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック