情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第73期名人戦七番勝負 羽生名人、4勝1敗で防衛
先日指し終わりました第73期名人戦七番勝負の第5局は、後手の羽生善治名人が挑戦者の行方尚史八段を170手の長手数で破り、このシリーズ4勝1敗で通算9期目の防衛を果たしました。

戦型は第1局と第4局に続いてシリーズ3度目の相矢倉戦となり、途中までは第1局と同じ進行でしたが、途中羽生名人が手を変えて違う展開になりました。

封じ手前挑戦者の行方八段が一歩手にして角交換後6三に角を打ち込んだところで、羽生名人が封じることに。

二日目に入ってから先手の行方八段が猛攻をかけましたが、後手の羽生名人は自玉をスルスルと上部に逃げ出させて脱出し、それからは長い展開に・・・。

結局、長い戦いの末先手玉は逃げ出せず、入玉に成功した後手の羽生名人が勝利しました。


ポイントとなった局面を探すのは難しかったのですが、先手が後手玉を上部に逃げ出させない目的で指すのであれば、下図の次の手でしょうか。

名人戦第5局72手目

本譜は▲3七桂と跳ねましたが、代わりに▲3四歩と突いていたらどうだったでしょう。以下△同銀なら▲同角成△同金▲2三歩成△3一玉▲2二歩(変化図)・・・、といった手順が考えられます。

名人戦第5局変化図

しかし、▲3四歩には△3二金と引かれる手もあり、以下▲2三歩成△同金▲2四歩△同金▲同飛△2三銀で先手が攻めあぐねそうです。

いずれにしても先手有利と思いますが、私には決定的な手は見付けられませんでした。


今期の名人戦、挑戦者の行方八段にとっては前局(第4局)の逆転負けがやはり大きかったと思えます。勝ちきれるところで勝ちを逃したため、本局もリズムに乗れずダラダラとした将棋内容になってしまいました。

それにしても、苦しい状勢のなか逆転で勝利する羽生名人の強さが一層光ったシリーズでしたね。

来期、この強い羽生名人を倒す挑戦者が現れるでしょうか?

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/366-5bb07db5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック