情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第73期名人戦七番勝負第4局 羽生名人、熱戦を制す
第73期名人戦七番勝負の第4局は、大熱戦の末先手の羽生善治名人が挑戦者の行方尚史八段に141手で勝利し、これで名人は3勝1敗となり防衛に王手をかけました。

戦型は相矢倉で前例の少ない展開で進み、二日目に入って開戦し後手の行方八段が優勢の態勢を取っておりましたが、終盤羽生名人がしぶとい指し手でもって後手玉に迫り、最後は自玉を守りきった羽生名人が勝ちきりました。

まあ一言では何とも言えない将棋内容でしたが、あの優勢な将棋を勝ち取れなかった行方八段の心情は如何ほどだったのか・・・。


形勢逆転の切っ掛けとなった局面を私なりに取り上げてみました。

名人戦第4局101手目

上図は後手玉の入玉阻止と飛車取りに放たれた(▲1七銀の)局面です。本譜はこのあと△3八飛成としたため数手後に▲2六銀が有効となり、形勢が入れ替わりました。

3八に飛車を成るのではなく、もし仮に2九に成っていたら▲2六銀はなかったですよね。つまり、△2九飛成▲3三桂成△2四玉▲3四成桂△同玉(変化図)となって、先手の攻めが難しくなります。

名人戦第4局変化図

変化図から▲5四馬なら△7七桂打として後手に反撃のチャンスが回ってきそうです。
また、変化図から▲2六金と打ってきたら△4三桂で凌げそうです。(本譜では金が持ち駒に残っているので事情が違います)


本局を落とした行方八段にとって、この先巻き返すのはかなり難しそうです。そういう意味でもこの第4局は大事な一局でしたね。

前にも述べましたが、行方八段は気持ちが揺らいでそれが指し手に現れる傾向があります。本局も羽生名人に渋い指し手でもってうまく誘い出され、最後苦い水を飲まされた感じが致します。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/365-1d862231
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック