情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第73期名人戦七番勝負第3局 羽生名人、2勝1敗に
先日対局がありました第73期名人戦七番勝負の第3局は、後手番の羽生善治名人が116手で挑戦者の行方尚史八段に勝ち、2勝1敗としました。今シリーズここまで後手番の方がいずれも勝っています。

本局の戦型は角換わり腰掛け銀となりました。途中までは前例のある展開で進み、封じ手前の局面で羽生名人が手を変え、その手に挑戦者の行方八段が長考し続けそのまま封じることになりました。

二日目の昼過ぎから羽生名人が積極的に動き、行方八段も粘りながら指し続けましたが最後は押し切られてしまいました。

前回(第2局)柔軟な指し回しをみせた行方八段でしたが、この第3局は攻めと守りのリズムが整えきらないうちに終わってしまった印象です。

その気になったところを下記に取り上げました。

名人戦第3局80手目

上図はBS放送の中でも取り上げられていた局面で、次の手が話題になっていました。

本譜は▲6八金打として行方八段は受けに回ったのですが、ここは▲4三歩と叩いて攻め続けた方が良かったかと思います。▲4三歩に△3二金なら▲4一銀(変化図)で先手が有利に戦えたのではないでしょうか。

名人戦第3局変化図

△3二金の手に代えて△9七歩の詰めろには▲9九歩で受かっています。

もし、変化図から気になるとしたら△6七金でしょうかね。以下攻め合いになりそうですが、上手く指せれば先手玉は捉まらないでしょう。
(参考:△6七金▲同金△同馬▲3二銀成△同飛▲6八金△9七金▲同玉△8九馬▲8五角成・・・)


どうも行方八段は気持ちが指し手に乗り移るようで、そこがこの棋士の課題と言えそうですね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/364-5072d53e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック