情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第86期棋聖戦五番勝負 挑戦者決定戦
第86期棋聖戦五番勝負の挑戦者決定戦が先日(4/30)行われ、先手の豊島将之七段が145手で佐藤天彦八段に勝ち、羽生善治棋聖への挑戦者となりました。豊島七段のタイトル戦は今回で3度目となります。

本局は先手の豊島七段が趣向を凝らした力戦型の矢倉模様での戦いとなり、途中からは後手の佐藤八段の方に形勢が傾き、控え室の検討陣も後手持ちが多かったようです。

しかし、終盤にさしかかるにつれて形勢が揺らぎ、最後は逆転で豊島七段が勝利を収めました。

私もほぼ後手の勝ちだと思っておりましたので、この結果は意外でした。私が感じたポイントとなる局面を下記に取り上げました。

下図は先手が▲7七桂と跳ねた局面ですが、このあとの後手の手に疑問を抱きました。

棋聖戦挑決戦71手目

本譜は6五に香を打たれる手を消すため△7三桂と指しましたが、このあと豊島七段がうまく指しこなし形勢が縮まって行きました。

上図から、ここでは折角打った香車を活かして△8七香成と指したほうが良かったと思います。以下▲同金△6六歩▲6五香△6七歩成▲同金△6六歩▲同金△4八銀▲5八飛△5七銀打(変化図)で先手が苦しく、後手が飛車を手に入れればこのあとも攻めが続き優勢を築けていたでしょう。

棋聖戦挑決戦変化図


タイトル戦3回目となる豊島七段がこの棋聖戦五番勝負でどのような活躍を見せるのか楽しみではありますが、普通に指しては歯が立たない相手なので、どのような研究材料を引っ提げてくるのかも興味が持たれそうです。

兎に角、いい勝負を期待したいですね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/362-40c25ce4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック