情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第27期竜王戦七番勝負第3局 森内竜王、連敗脱出
第27期竜王戦七番勝負の第3局は、後手番の森内俊之竜王が挑戦者の糸谷哲郎七段を132手で破り、待望の1勝を挙げました。

先手の糸谷七段からの角換わりで始まり、途中戦後同型の腰掛け銀の戦型から中盤の駆け引きへと繋がり、終盤は形勢が揺れ動く中、糸谷七段が好機を逃したのが大きく、最後は森内竜王が先手玉を寄せきりました。

一通り観戦していて、本局はなかなかの熱戦だったと思います。

糸谷七段の敗因については感想戦や棋譜コメントに載っているので、ここではあえて取り上げません。
その代わり、この対局で「えっ、そうなのか?」と驚いたことがありましたので、下記に示しました。

本譜で97手目にさされた▲3三銀打の局面で、控え室では▲3三角(変化1図)が本線だったとのこと。局後の感想戦でも糸谷七段が▲3三角を掘り下げるのでした、とあります。このことに驚くと同時に納得できなかったので、私なりに検討してみました。

竜王戦第3局変化1図

棋譜コメントに変化1図以下△同桂▲同銀不成△5二玉▲4四銀成(変化2図)に△7六角が攻防手とのことのようですが、

竜王戦第3局変化2図

△7六角に代えて変化2図からすぐに△7八とと王手し、以下▲同玉△8九銀▲同玉△6七角成▲7八金に△8七角(変化3図)という手順で後手が勝勢になると思います。

竜王戦第3局変化3図

変化3図から先手の攻めは続きますが、後手玉は先手の攻めをかわしながら上部に脱出することが出来ますので、先手勝ちには至らないでしょう。


本局は終盤糸谷七段の手の乱れがあって森内竜王が待望の勝利を手にしました。これまでに間違いが少なかった糸谷七段の指し手が、ここに来て揺らいだのが不思議な感じです。

次局の対戦がどのようになるのか分かりませんが、角交換以外の違った戦型で勝負して貰いたいですね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/355-9720d548
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック