情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第27期竜王戦七番勝負第2局 森内竜王完敗
第27期竜王戦七番勝負の第2局が先日(10/30,31)指し行われ、挑戦者で後手の糸谷哲郎七段が110手で森内俊之竜王を破り、2連勝としました。

戦型は、▲7六歩△3四歩▲2六歩に△8八角成と、糸谷七段の得意戦法でもある後手の一手損角換わりに。

先手の森内竜王が棒銀を選択すると、後手の糸谷七段の方は早々に角を打ち込んで馬を作る戦いになりました。
その後、森内竜王は後手の馬を消して1筋、2筋の方から攻め入りましたが、逆に飛車を狙われる格好になって攻めが封じられ、最後は大差で敗れてしまいました。


下図は封じ手前の局面です。

竜王戦第2局60手目

上図から本譜で指された封じ手は▲2四歩でしたが、以下△同歩▲同銀に△2七歩と叩かれ先手の飛車が窮屈になりました。

感想戦では▲2四歩に代えて▲3四銀が勝ったとのことですが、これには△4八歩と垂らされる手があるので先手は思わしくないでしょう。(この歩は飛車・金どちらでも取りにくいです)

他には▲3四歩も考えられますが、△4三金と指されて先手の攻めが中途半端になってしまいそうです。(次に▲1五角と打っても△4一飛と軽くかわされて上手くいきません)


本局は後半(封じ手以降)森内竜王の指し手に強さが全く感じられなく、糸谷七段に押されっぱなしでした。全体的に作戦が空回りしている感じがします。

一方糸谷七段の方は堂々と指していて、相手の手を先読みしていて食っている感じですね。

このままではストレートでタイトルが移動しそうです。なんとか森内竜王に踏ん張って貰って、竜王戦を面白くしてほしいと願っています。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/354-6ef528ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック