情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第62期王座戦五番勝負 羽生王座の先勝でスタート
羽生善治王座に豊島将之七段が挑戦する第62期王座戦五番勝負の第1局が4日に行われ、結果は121手までで先手の羽生王座が挑戦者を破り、防衛に向けて好スタートを切りました。

戦型は両者得意の相矢倉になりました。午前中は定跡形を辿りながら次々と手が進み、羽生王座が前例から離れた手を指したのは89手目でした。

午後からは両者考慮時間を入れてじっくりとした進行となり、夕方の下図に示す局面から形勢が傾いたようでした。

王座戦第1局101手目

上図から豊島七段が指した手は△6六歩。この瞬間これで間に合うのかと疑問に思ってしまいました。
以後羽生王座は▲3一銀と打って攻めきり、最後は受けなしの形に持っていって勝利しました。

△6六歩では代わりに△7八歩(変化1図)の方が良かったと思います。△7八歩は次△7九角以下の詰めろの手です。

王座戦第1局変化1図

変化1図から▲3一銀の攻めに対しては、△1二玉▲9二龍△同香▲2二飛△1三玉▲2一飛成△7九角▲9八玉△9六香▲9七歩△同香成▲同桂△9二飛(変化2図)・・・という流れでどうでしょう?

王座戦第1局変化2図

変化2図からでも後手が勝ちきるのは大変そうですが、本譜よりは期待が持てたと思います。


戦前から豊島七段は期待されていただけに、本局の終盤の戦い方は不本意な感じで、今後の終盤力に不安が残ってしまった印象です。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/346-45b7bd8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック