情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第55期王位戦七番勝負第5局 羽生王位、4連覇に王手
昨日(8/28)指し終わった第55期王位戦七番勝負の第5局は、先手番の羽生善治王位が123手までで挑戦者の木村一基八段を負かし、対戦成績を3勝1敗1持将棋(引き分け)として4連覇へ王手をかけました。

戦型は第3局と同じ角換わり腰掛け銀でした。
木村八段が先に駒得して優位にもみえましたが、羽生王位もその後駒損を回復して対等となり、終盤は羽生王位が攻めを切らさない戦い方を続けて勝利しました。


下図の局面以降は後手の木村八段に思わしい手がなく、終盤は完敗でした。

王位戦第5局63手目

上図から本譜は飛車取りをかわした指し手となりましたが、代わりに△5二桂と角取りに打ち、角が逃げればそこで思い切って△9五飛と突っかける戦い方は出来なかったのかと・・・、ちょっと残念に思える将棋内容で見応えがありませんでした。


次局で決まってしまうのか、それとも木村八段が意地を見せてくれるのか、第6局を待ちましょう。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/345-0aca5f92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック