情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第85期棋聖戦五番勝負 難しい局面を制して羽生棋聖連勝
第85期棋聖戦五番勝負の第2局が先日(6/21)行われ、結果141手までで先手の羽生善治棋聖が挑戦者の森内俊之竜王に勝利し、これで2連勝となって早くも防衛に王手を掛けました。

矢倉の戦型から指し手の早い局面が進み、中終盤辺りはかなり面白い展開になりました。一時後手有利かと思いましたが、先手羽生棋聖の読みの深さが終盤勝り、後手の森内竜王に受けなしまで追い込み勝利しました。

全般的に難しい内容の将棋で、後手が一体どこで悪くしたのかよく分かりませんでしたが、私はポイントとして下図の局面を取り上げました。

棋聖戦第2局91手目

上図から本譜は△7六歩▲同銀△4四金▲同銀△5四金▲4五歩△同金▲3三歩△同金▲7三歩成・・・という展開になって、以後羽生棋聖の絶妙な手に後手の森内竜王が翻弄された感じを受けました。
△7六歩から銀を吊り上げて将来角の利きで斜めのラインを狙うのは分かりますが、なにせ先手は金銀の連携で守りを堅く出来るため容易に崩せるようには思われません。

そこで、△7六歩の代わりに△6五金(変化1図)と擦り寄って、相手の陣形に迫る手はどうだったのか考慮してみました。

棋聖戦第2局変化1図

変化1図から▲4三銀成△同金▲4五歩△7五金▲4四歩に、以下△8六歩▲4三歩成△8七歩成▲同金△同飛成!▲同玉に△6九角(変化2図)で、これは後手が勝ちそうです。

棋聖戦第2局変化2図

また、△6五金に▲6八飛と飛車を活用する手には、△6四歩▲4三銀成△同金▲7三歩成△同桂▲6四銀△6七歩▲5八飛△5七歩(変化3図)・・・として先手の飛車を押さえ込んで後手有利の展開と思われます。

棋聖戦第2局変化3図

以上の他途中の変化は色々あるかもしれませんが、本譜よりは(後手にとって)望みのある将棋になっていた(?)かもです。


まあ、私はこの対局を観ていて後手悪くなかったと思っておりましたので、結果は少々驚きました。それよりも羽生棋聖の終盤の指し回しが素晴らしかったなあと感心しました。

次局どのような展開になるのか分かりませんが、森内竜王にも意地を見せて戴きたいですね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/336-de1da8af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック