情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第72期名人戦七番勝負第2局 最終盤の凄い寄せ
第72期将棋名人戦七番勝負の第2局が22日・23日に指し行われ、結果挑戦者の羽生善治三冠が89手で森内俊之名人に勝って開幕2連勝としました。

第1局に続いての相懸かりの戦型でしたが、積極的に出て行った先手羽生三冠の指し手が旨く、二日目からの戦いでは明らかに形勢が羽生挑戦者に傾いていって、最後は押し切って勝ちました。

下図の▲6四飛からの寄せは凄かったですね。最後長手数の詰みを読み切った羽生三冠の快勝譜となりました。

名人戦第2局73手目

▲6四飛のところ、もし▲4四飛(変化1図)と4筋から詰めろを掛けていたら、この将棋大逆転になっていました。

名人戦第2局変化1図

変化1図から△5八銀成▲7七玉△7六銀▲8八玉(▲同玉は△6五馬▲7七玉△7六金以下詰み)△8七飛成▲同金△同銀成▲同玉△7六金▲同玉△6五馬(変化2図)となって、以下先手玉が詰んでいました。つまり、▲6四飛の一手前に指された後手森内名人の△6五銀は詰めろだったのです。

名人戦第2局変化2図

▲6四飛と後手の6四の歩を払っての狙いが最後の決め手でしたね。


本局は見せ場となるような局面も少なく、形勢も一方に傾いたままだったので全体的には盛り上がりに欠けた戦いだったと思います。

次局どのような戦いになるのか分かりませんが、森内名人らしい強い指し手を期待したいです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/329-f333ba82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック