情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第39期棋王戦五番勝負 渡辺棋王初防衛に王手
第39期棋王戦五番勝負の第2局が2月22日に指し行われ、結果78手で後手の渡辺明棋王が勝ち、2連勝で初防衛に王手を掛けました。

戦型はこのところ指している渡辺棋王の後手ゴキゲン中飛車に、挑戦者の三浦弘行九段が超急戦で応じる意外な展開になり興味をそそられました。

途中三浦九段が1時間以上の長考に沈み、▲6三桂成の新手を着手し勝負に挑みましたが、渡辺棋王がうまく応接しながら先手の攻めを巧みにかわし、最後は不安定になっていた先手三浦玉を討ち取りました。

この将棋で気になったのが、▲6三桂成から数手進んでの下図の局面です。

棋王戦第2局28手目

本譜はここで▲2二歩でしたが、この手が後に1一の龍の働きを抑えてしまったようで三浦九段の攻めが重たく感じられました。

代わりに上図から▲1三龍と指し、△4二銀に角の睨みを利かしての▲5五歩(変化図)でどうだったでしょうか?

棋王戦第2局変化図

また、これは結果論ですが▲1八角のところでは▲2七角の方が良かったかもしれませんね。


後がなくなってしまった三浦九段の巻き返しはあるのか、それともこのまますんなりと渡辺棋王が初防衛を果たすのか、次局を待ち望みたいです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/326-55f4c749
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック