情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第26期竜王戦七番勝負第4局 熾烈な矢倉戦
挑戦者・森内俊之名人の2勝1敗で迎えた第26期竜王戦七番勝負の第4局が先日指し終わり、結果後手の森内名人が144手で渡辺明竜王を破り、対戦成績を3勝1敗として竜王奪回に王手をかけました。

戦型は第3局まで続いた急戦矢倉から離れ、本局は本格的な相矢倉戦になりました。

一日目の午前中は定跡化された進行を淡々と辿っていましたが、午後になって森内名人が68手目に△4四馬とあまり前例のない手を指したあたりから両者長考を繰り返し、攻防戦の熱い戦いへと進行しました。

二日目に入って渡辺竜王の攻めに森内名人の受けという両者の特徴ある将棋が展開され、その手のやり取りに魅入っていました。
執拗に迫る渡辺竜王の攻めに対し、森内名人の受けの強さが顕れた局面が随所に観られ、最後まで気の抜けない戦いに感心させられました。

結果は終始堅実な将棋を指していた森内名人が勝利を収めましたが、渡辺竜王にも勝てるチャンスは最後まであったと思います。
その局面を下記に取り上げました。

下図は113手目先手渡辺竜王の▲3四銀に対し、後手の森内名人が玉を5三に逃がした局面です。

竜王戦第4局114手目

本譜はここで▲3三銀不成となって△同銀▲同桂成△6七歩成と進行し、このと金が最後先手玉の寄せに働きました。

局後の感想は113手目で打ち切られていて残念ですが、上図から▲6六金と目先の歩を先に払い、△同銀にここで▲3三銀不成(変化1図)と指していたらどうだったでしょうか。

竜王戦第4局変化1図

変化1図から△同銀▲同桂成となって、次▲4二龍がありますから後手は△4一金と受けますが、そこで▲6九香(変化2図)と打っていければ先手も負けない戦いが続いたと思いますが、如何でしょう?

竜王戦第4局変化2図


それにしても本格的な矢倉戦を堪能できて、非常に見応えのある将棋でしたね。

次局以降、後がなくなってしまった渡辺竜王の今後の戦い方に戦型を含め注目となりそうです。

(今期の森内名人のぶれない強さが印象的です)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/322-aeb6d51f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック