情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第26期竜王戦七番勝負第2局 森内名人、絶好調
渡辺明竜王に森内俊之名人が挑戦している第26期竜王戦七番勝負の第2局が10月28・29日に行われ、結果後手の森内名人が102手で勝利し、開幕2連勝としました。

後手番の森内名人が渡辺竜王の得意戦法でもある急戦矢倉を逆用しての戦いとなり、二日目からの行方に注目でしたが、渡辺竜王の方に読み抜けがあって思わぬ展開になり、最後は先手の攻めを的確に受けこなしていた森内名人が先手玉に詰め寄って勝利を収めました。

この対局を通して感じたことは、やはり読み抜けがあったと言われる飛車交換以降先手の攻めの手が薄く感じられ、渡辺竜王に苦労が多い一局だったと思います。

ポイントとして、封じ手の▲1八飛に△8四角とした下図の局面を掲げました。

竜王戦第2局52手目

本譜はこの後なんと▲8五金だったので驚きましたが、ここは7三の桂跳ねを防ぐ意味でも▲7四歩(変化1図)と指した方が良かったと思います。

竜王戦第2局変化1図

変化1図から△7五歩の攻め合いにはそこで▲8五金とし、以下△7六歩▲8四金△7七歩成▲同金△7六歩に▲7八金(変化2図)と指していければ、先手は決して悪くないと思いますが・・・。

竜王戦第2局変化2図

変化2図で先手の玉型が薄いのが気にはなりますが、後手も攻めの手が乏しく、先手が不利とは思えません。むしろ後手が攻めあぐねそうです。


本局は渡辺竜王にとって不本意な将棋内容でした。この対局の結果、第1局に続いての矢倉戦で連勝した森内名人に大きく明かりがともりました。ここまで、森内名人の安定した強さが印象深く残りますね。

次局以降渡辺竜王が巻き返せるのかどうか、今のままでは不安が募るばかりです。この先、戦型を含めて注目していきたいと思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/320-e6402140
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック