情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第61期王座戦五番勝負第2局 羽生王座が勝ちタイに
羽生善治王座に中村太地六段が挑戦する第61期王座戦五番勝負の第2局が先日(9/18)指し行われ、結果先手の羽生王座が203手の長手数で勝ち、対戦成績を1勝1敗のタイとしました。

序盤矢倉模様の戦型から両者が互いに意志を貫いた作戦に出て、定跡にない力勝負の戦いへと発展していきました。

中盤先手の羽生王座が穴熊にがっちり固めると、後手の中村六段は1筋から仕掛けて玉を上部に繰り出す展開に持っていきました。

終盤は後手の中村玉を羽生王座がしつこく追い立て、その展開が延々に続き、最後苦労しながら羽生王座が後手玉を掴み取りました。

総手数203手の乱戦でしたが、観ている方は一体どうなるのか見当もつかないほど難解な将棋内容だったと思います。

終盤戦については感想戦等で記されていますのでここでは省きますが、私が腑に落ちなかった局面を以下に取り上げてみました。

まだ序盤戦での下図、66手目の局面ですが、

王座戦第2局66手目

上図での△9三桂が何とも違和感の残る感じで、その後最終200手を超える戦いの中9筋と8筋は動かぬままの状態でした。9三桂の先は8五の歩が行き先を遮断しており、この手で後手は遅れを取ったのではないかと感じ取りました。
もちろん、中村六段は先を見越しての指し手だったとは思いますが・・・。

△9三桂に代えてここは先に△1四歩と突き、以下▲同香△同香▲1五歩△同香▲同角に△1一飛(変化図)と変化した方が良かったのではないかと思いました。

王座戦第2局変化図

変化図から▲1六歩ならば7筋に△7三桂と跳ねてどうでしょう? また、▲1四歩(△同飛は▲1九香がいや)ならば△3五歩(あるいは△9六歩~△3五歩)でどうだったでしょうかね?


一時は一方的な将棋になるかと思われましたが、中村六段が粘りに粘っての戦い、さぞ皆さんも楽しまれたことでしょう。

意外と言っては失礼ですが、中村六段がここまで羽生王座相手に戦えるとは、このシリーズが始まるまで正直思っていませんでした。

第3局以降の戦いにも注目ですね。また好局を期待したいです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/314-5630be80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック