情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第84期棋聖戦五番勝負 羽生棋聖、防衛で6連覇に
羽生善治棋聖と渡辺明竜王による第84期棋聖戦五番勝負の第4局が17日に行われ、結果100手にて後手の羽生棋聖が勝ち、対戦成績を3勝1敗としてタイトルの防衛を果たしました。
羽生棋聖のタイトル獲得数が通算84期となったのも何かの縁でしょうかね。

先手(渡辺竜王)の横歩取りに後手(羽生棋聖)が△8四飛型を選択する戦型になり、途中角交換したあとの戦い方に注目して観ていましたが・・・。

下図の局面で渡辺竜王が指したのは▲同香でした。これでは本譜のように指し手が進み、後手に簡単に馬を作られ先手が不利になるのも頷けます。

棋聖戦第4局46手目

以下は先手の手作りが難しくなり、形勢もハッキリと後手有利な状態が続き、大きな山場もなく先手の投了となりました。

上図ではやはり1筋の攻撃を防ぐために▲2七金(変化1図)と指した方が良かったように思えます。

棋聖戦第4局変化1図

変化1図から一本道で進めてみますと、△5四飛▲1七香△3九角▲5八飛△5七角成▲同飛△同飛成▲同玉△5九飛▲6八玉△2九飛成に▲8三角(変化2図)となって、先手が駒得しているため十分戦えます。

棋聖戦第4局変化2図

まあ、実際はこのような変化にはならないと思いますが、それでも本譜よりは先手が優位に立てたように思いますがいかがでしょう?


もっと切羽詰まった戦い方を期待していたのですが、あっさりと勝敗が決まってしまい、観戦者としては面白味に欠けたシリーズとなったのが残念ですね。

それにしても、羽生さんは一日制のタイトル戦は強いですね。大きな崩れもなく、一手一手の指し手に深い読みが感じられます。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/310-67b2dfdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック