情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第84期棋聖戦五番勝負第1局 羽生棋聖先勝
羽生善治棋聖(三冠)に渡辺明竜王(三冠)が挑戦する第84期棋聖戦五番勝負の第1局が先日(6/4)行われ、結果111手で先手の羽生棋聖が勝利しました。

三冠同士の対決として注目されるこのシリーズ、開幕局の戦形は横歩取りとなりました。

名人戦で調子が出なかった羽生棋聖でしたが、本局は中盤以降から形勢を有利に進め、最後まで逆転を許すことなく相手の玉を寄せきりました。終始羽生棋聖のペースだったと思います。

気になったのが下図に示す桂馬の跳ね違いの局面です。ここで後手の渡辺竜王は△6四歩と飛車の横利きで桂成を受けましたが、のちに先手に馬を作られて苦しくなったように思われました。

棋聖戦第1局45手目

代わりに、上図で△6二銀と普通に受けては駄目でしょうか?

△6二銀には▲7三歩と軽妙な手がありますが、後手も次に△4四角(変化図)と攻防に打ち付けてどうでしょう。

棋聖戦第1局変化図

変化図から▲8六飛には△7一銀と元に戻って歩成を避けることも出来ます。先手の飛車の横利きがなくなれば、そこで△2六歩と垂らす狙いも出てきそうです。(先手もどこかで▲4六角という手があるかもしれませんが、それはそれでいい勝負でしょう)


本局、羽生棋聖の旨い指し回しに後手渡辺竜王がどこか迷いながら指しているように思え、観戦している方としては意外な進展でした。

次局以降、熱戦を期待しましょう。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/306-985fe844
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック