情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第71期名人戦七番勝負第4局 森内名人、防衛に王手
第71期将棋名人戦七番勝負の第4局が昨日(5/22)指し終わり、結果93手で森内俊之名人が挑戦者の羽生善治三冠に勝ち、対戦成績を3勝1敗として名人防衛に王手をかけました。

珍しい出足から相矢倉の戦型となりました本局、先手の森内名人が序盤の作戦勝ちを生かしながら終始落ち着いた指し回しで優勢に駒を運び、最後も慎重に読み切って相手の玉を寄せました。

第3局で圧倒的な強さを見せた羽生三冠でしたが、本局は森内名人の序盤作戦に後れを取ってしまい、全体的にみて不本意な結果になったと思います。

一つだけ気になった局面を下図に取り上げてみました。

名人戦第4局55手目

上図は、後手の羽生三冠が△3九角から7五に馬を作ったあと、先手が▲5五銀と相手の歩を払ったところです。後手も馬を作ることが出来たのでこれからの勝負かと思われましたが・・・。
本譜は△5七歩と叩いて▲同金に△6五馬と寄りましたが、このあと先手の金が躍動して攻めに利く結果となってしまいました。

ここは先に△6五馬と指し、▲6六銀引に△4七馬(変化図)と進めた方が良かったのではないかと思いました。

名人戦第4局変化図

変化図から先手も▲5一飛成と潜り込んできますが、それには△6五歩と打ってその後先手の桂香を補充する手が浮かびますので、どうでしょう?
しかし、後手は飛車が攻めに利いていないのが痛すぎますよね。やはり先手良しですか。


それにしても、森内名人はこのタイトル戦には異常な強さを発揮されますね。

次局どのように展開されるのか分かりませんが、いい勝負を期待したいですね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/304-43d803ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック