情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第38期棋王戦五番勝負 渡辺竜王、タイトル三冠
第38期棋王戦五番勝負の第4局が昨日指し終わり、結果渡辺明竜王が郷田真隆棋王に勝利して対戦成績を3勝1敗とし、棋王位を奪取しました。これで渡辺竜王は王将もあわせ、7タイトルのうち三つを同時に保持する自身初の「三冠」となりました。

本局はこの棋王戦番勝負で一番力の入った戦いだったように思いました。最終手数も157手に及び、見応えもありました。

終盤まで、先手の渡辺竜王の攻めに対し、後手の郷田棋王がどう受け止めるのか、その面白い内容に魅入っていましたが・・・。

下図の局面、次の郷田棋王の手に疑問を感じてしまいました。

棋王戦第4局139手目

本譜はまさかの△4四銀引。これでは大事な終盤の局面で一手損したようにも思われ、後手の勝ちはないなと直感しました。

ここは受けずに、本譜でもあとで出てきた△1七金▲同香に△1八飛(変化図)と先に指していたら、もっと勝負所が観られたかもしれません。

棋王戦第4局変化図

変化図以下いろいろ手順もありそうですが、本譜よりも見応えがあったのではないでしょうか?


それにしても、渡辺竜王好調ですね。このタイトル奪取はこれからの将棋界に益々変化をもたらしそうです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/299-5747fb77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック