情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第38期棋王戦五番勝負第2局 1勝1敗のタイに
第38期棋王戦五番勝負の第2局は、83手で先手の渡辺明竜王が後手の郷田真隆棋王に勝利し、対戦成績を1勝1敗のタイとしました。

横歩取りの戦型から乱戦調の将棋となりましたが、渡辺竜王が中盤からペースを掴み、その後も淀みなく指して後手玉を討ち取りました。

下図は郷田棋王が負けにしてしまったという局面です。

棋王戦第2局54手目

△4一玉の早逃げの代わりに△2七角(変化図)と打ち込む手はなかったでしょうか?

棋王戦第2局変化図

変化図の△2七角は言わば詰めろ逃れの詰めろになっている手です。
以下▲7四角に△6三桂▲4七角とと金を払われてしまいますが、次に△8九飛と打ち込めば後手も有望だったと思います。

全般的に郷田棋王の将棋と言える内容ではなかったですね。序盤の飛車交換辺りから可笑しくしてしまっているようでした。


これで1勝1敗のタイとなりましたが、果たして次局どちらがタイトルに王手をかけるのでしょうか。
楽しみに待ちたいと思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/296-c75e0bb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック