情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第25期竜王戦七番勝負 渡辺竜王、防衛に王手
うーん、どうして丸山九段勝てないの? ここまで3連敗とは・・・。

第25期竜王戦七番勝負の第3局も渡辺明竜王が挑戦者の丸山忠久九段を106手にて下して開幕3連勝とし、防衛に早くも王手をかけました。

第1局と似たように進み、途中で丸山九段の方から手を変えて挑みましたが、渡辺竜王が相手の攻めを旨くかわして勝利しました。

終盤丸山九段が果敢に渡辺玉を追い詰めていきましたが、最終盤綾があったものの寄せきることが出来ず投了してしまいました。

二日目の封じ手から局面が急激に動き、それから終盤まで攻めと受けの攻防戦が展開され面白い内容ではありましたが、サプライズとまではいきませんでした。

気になる局面をちょっと取り上げてみました。

竜王戦第3局58手目

上図から、本譜は▲4五飛△同金▲同銀△4七飛▲4三歩成と進みました。相手に与えてしまった飛車をすぐに打たれたのが痛く感じられ、▲4五飛に変わる手はなかったのかと考えてみました。

一つ、上図で▲3三歩と叩く手はどうでしょう?
以下参考ながら、△同桂▲4三歩成△4八と▲3二と△同玉▲3三桂成△同銀▲2五桂(変化図)と指し進めてどうか?

竜王戦第3局変化図

変化図から△4二銀▲4八金△3三歩▲3四歩△同歩▲3三金△同銀▲同桂成△同玉▲5一角という狙いがあるのですが、このようにはいかないでしょうね。

いろいろ考えてもやっぱり持ち駒に差が出てしまい、先手の有利な手が浮かびません。


渡辺竜王と丸山九段の戦いで大きな形勢の差はあまりないように思えます。このまま同じような戦い方を繰り返しても埒があかないでしょう。
なので、やはり丸山九段としては戦法も含めて思い切った手段を取らないと先が見えそうもありません。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/287-3af52a37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック