情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第60期王座戦五番勝負 羽生二冠が王座奪取
第60期王座戦五番勝負は既知のとおり、羽生善治二冠が渡辺明王座を3勝1敗で下し、王座のタイトルを奪い返しました。
羽生さんはこれで三冠となり、王座タイトル獲得数がなんと20期目となりました。凄い偉業ですね。

決着がついた第4局は千日手の末指し直しとなり、勝負は夜中に決まりました。こんなこと誰が想像したでしょうか?

千日手局は意表の序盤戦で面白かったのですが、まさか最終盤くらいで千日手になるとは思いもよりませんでしたね。

指し直し局は矢倉の最新形でどんどん進みましたが、羽生さんの先手を持っての攻撃が旨く、迫り来る渡辺王座の手をかわしながら最後は相手玉を討ち取りました。

見応えが多すぎてポイントになる局面を載せることが出来ませんでしたが、全体的に観て羽生さんの将棋がどちらの局でも勝っていたようにみえました。それだけ羽生さんの方が充実しているなと感じられたのです。


来期の挑戦者が誰になるのか分かりませんが、また暫く羽生王座がタイトルを守っていきそうな気がします。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/284-5215a67d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック