情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第83期棋聖戦五番勝負 羽生棋聖、3連勝で防衛
第83期棋聖戦五番勝負の最終結果は、羽生善治棋聖が相手の挑戦者中村太地六段を寄せ付けず、第1局から第3局までストレート勝ちで見事防衛(5連覇)を果たしました。

これで羽生さんのタイトル獲得数が通算で81期となって、かの大山康晴十五世名人の記録を打ち破ったことになります。もの凄いことですね。

戦型は第1局と同じく横歩取りでした。中村六段の巻き返しを期待しながら鑑賞していました。

下図は終盤63手目の局面。

棋聖戦第3局63手目

ここで後手の中村六段が指した手は△1五桂でしたが、反対側から△3五桂としていたらどうだったでしょう?

△3五桂以下▲同飛△同金▲3二桂成△2七馬!▲同玉△2六飛▲同龍△同金▲同玉△3二金(変化図)となれば、まだ勝負は分からない模様ではないかと感じたのですが・・・。

棋聖戦第3局変化図

しかし、△3五桂にも▲2六金と応じられると、以下本譜どおりの手順になりそうで後手が勝てそうにはないですね。

羽生棋聖の最後の決め手となった▲6五銀は印象に残りました。


羽生さんがこの先どのくらいまで各タイトルを持ち続けるのか分かりませんが、とにかく不滅の記録が続きそうです。
いやー、もう立派の一言。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/278-81be5a4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック