情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第37期棋王戦五番勝負第2局 郷田九段快勝
久保利明棋王にとって王将戦に引き続いてのタイトル戦となった第37期棋王戦五番勝負の第2局が昨日行われ、結果88手でもって挑戦者の郷田真隆九段が久保棋王を負かし、これで対戦成績が1勝1敗のタイとなりました。

戦型は先日の王将戦と同じく先手の久保棋王が石田流三間飛車に、対して郷田九段も早めに角交換を行い、その後は乱戦模様の状況が続きました。

玉型がどちらもシンプルで神経を使う戦いでしたが、後手の郷田九段が丁寧な指し回しで応対し、54手目の△1五角(下図の局面)から鮮やかな寄せを決めて先手玉を討ち取りました。

棋王戦第2局54手目

本局は後手玉が一歩も動くことはなく、郷田九段の快勝となりました。

19手目の▲8四飛以降先手の攻めに得な感じを持てなく、形勢的にも後手が良かったように思えます。
41手目の▲7七桂のところは寧ろ馬を動かした方が良かったのではないかと感じましたが、後手の二枚飛車が良く利いているため、その後の展開に先手が自信を持てる手筋を見つけることは出来ませんでした。(28手目の△1二飛は凄い手でしたね)


次局以降久保棋王の指し手が気にはなりますが、果たしてどんな作戦があるのか待ち遠しいですね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/266-553c9f5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック