情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第61回NHK杯将棋 (▲郷田九段-△広瀬七段)
昨日(12/11)のNHK杯将棋トーナメントは郷田真隆九段対広瀬章人七段という好カードで、相穴熊戦の見応えある戦いに見入りました。

先手は郷田九段で居飛車穴熊、対する後手の広瀬七段は振り飛車穴熊。
序中盤は拮抗した局面が続きましたが、終盤にドラマがあったようです。

その局面(下図)ですが、局後の感想戦で郷田九段から鋭い一言が飛び出しました。

NHK杯(郷田九段-広瀬七段)93手目

上図はすでに後手玉が詰めろ状態ですから、後手は先手玉を詰ますかその詰めろを解き崩すしかありません。
本譜で後手が放った手は△9九銀でしたが、以下先手玉が旨く逃れて結果は郷田九段の勝ち。
感想戦で、ここで△8九金なら詰んでいたのでは?、という「ギョ!」とするような指摘が郷田九段の口から出ました。

本当にこれが詰んでいたら凄いことですが・・・。

△8九金に▲同玉は△6七角▲7八金△8八銀▲同玉△8七桂成▲同玉△7六金以下簡単に詰みなので▲7八玉とかわしますが、そこで△5六角と打ち先手は▲6七飛(変化1図)と合駒するしかありません。(▲6七歩は△6九銀▲同玉に△4七角成とされて詰まされます)

NHK杯(郷田九段-広瀬七段)変化1図

変化1図から強く△同角成とし、▲同玉に△7八銀▲同玉(逃げたら詰み)の局面(変化2図)から詰ますことが出来るでしょうか?

NHK杯(郷田九段-広瀬七段)変化2図

変化2図から、△8七桂成▲6七玉(▲同玉は△8八飛から詰み)△7七成桂と追っていくしかなさそうですが、仮に詰みがあったとしてもかなり長手数になりそうですね。

将棋雑誌の記事が楽しみですが、それにしても郷田九段の(将棋)感覚には驚きました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/260-39e76347
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック