情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第24期竜王戦 渡辺竜王が早くも8連覇に王手
先日行われた第24期竜王戦七番勝負の第4局は、後手の渡辺明竜王が138手にて先手の丸山忠久九段に勝ち、これで3勝1敗となって竜王が8連覇に王手を掛けました。

戦型は角換わり相腰掛け銀となり、途中千日手模様の手が続きましたが先手の丸山九段が旨く指して先攻し、後手の渡辺竜王が受ける形となって局面が進んでいきました。

終盤に入り、後手の渡辺竜王が先手の攻めを凌ぎながら反撃に転じ、強烈な香車の利きでもって相手の玉形を薄くし、最後は逃れようとする先手玉を捕まえて勝利しました。

全般にわたってかなり難しい将棋だったように思います。
先手の丸山九段が形勢を悲観していたのか、最後の方は勝ちを意識することなく終わってしまったようで残念でした。

先手有利な局面もあったと思われますが、そこからのはっきりした勝ち筋は分かりませんでした。
例えば116手目(△8六歩)の局面で、本譜の▲同玉に代わり▲7七玉とかわした方が良かったのではないかと自分なりに検討してみましたが、先手の勝ちは見つけられませんでした。


これで渡辺竜王がかなり連覇に近づきましたが、一将棋ファンとしては丸山九段の奮起も期待しつつ、次局を待ちたいと思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/258-cfc75c87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック