情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第24期竜王戦第3局 丸山九段が終盤逆転勝ち
第24期竜王戦七番勝負の第3局は、ここまで2連敗していた挑戦者の丸山忠久九段が112手にて渡辺明竜王に勝ち、待望の1勝をものにしました。

戦型は後手丸山九段の早めの角換わりで始まり、その後先手の渡辺竜王が先に突っかけて攻め入り、早くも一日目から竜王が主導権を握っていたように思われました。

二日目に入ってから終盤に丸山九段が予想されていなかった手を繰り出し、徐々に差を縮めて最後は逆転で勝利しました。

竜王戦第3局72手目

上図は72手目に丸山九段が打った△8七銀の局面。ここでこの手が指せるのは先々の読みが出来ていたからでしょうか?
先手は当然▲同歩とは取れなく6九に玉を逃げますが、そこで後手は△4五銀と香を払い除けました。以下先手は▲2三歩成から△同銀▲同飛成△同金▲同馬で詰めろを掛けますが、次の△8九飛がきつい手で、▲5八玉にすかさず△4一香(下図)と攻防に利いた旨い手を指され、局面は逆転してしまいました。

竜王戦第3局82手目

この終盤の攻防は見応えがあったと思います。丸山九段の手の流れに感心しました。

先手はどこかで▲7三銀成として飛車を苛めつつ、後手玉の退路を狭める手はなかったのでしょうか?(感想戦によると、71手目の▲4五香に代えてこの手があったようですが・・・)

苦しい局面からの巻き返しで難を逃れ、1勝を返した丸山九段。さて、次局でタイに持ち込めるかどうか注目となりそうです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/256-ac95fb2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック